FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top↑

女心の分からない御主人様

201202横浜008



クイーンズスクエア。

ホテルに繋がっているので買い物もとても楽です。

この時はバレンタインだったのでチョコレート売り場がありました。



御主人様にチョコを渡しました。


『 大好きです。

   ずっと ずっと 

    愛しています 』


小さなメッセージカードを添えました。




201202横浜007


御主人様がメッセージカードを見て奴隷に言う。
「こら。名前が書いとらんぞ。誰からだか分からんだろ」
「は、はい」
奴隷のところにカードを持ってきて、名前と日にちも書かせた。
「これでお前からだと分かるだろ」

御主人様が奴隷の名前の入ったメッセージカードを眺めている。
目の前でまじまじ見られると恥ずかしいものですね。
少し、顔を赤らめて御主人様を見る。

「よし、お前の気持ち、ちゃんと受け止めたぞ」

そう言ってそのメッセージカードをビリビリに破いた。

「ぁ!!!!...」

声にならない声がでる。

...目の前で破かれたカード...


「カレンの気持ちは俺の胸にしまっておいた。ちゃんと受け止めた」
御主人様はそう言う。


奴隷は御主人様に向かって、微笑む。
「はい」


二人で出掛ける時だったので、奴隷はくるりと背を向け、したくをしようとした。
そのとたんに奴隷の目から涙がボロボロあふれてくる。


分かってはいたけれど、悲しくなった。


これが自分の立場だと感じた。


自分の名前と愛のメッセージを書いたカード。


奴隷の気持ちもビリビリに破かれたような気がした。


書かなければよかった。
そうすればチョコの包装紙だけ捨てられていたのに。
バカだ私。
こうなること分かってたのに。
ほんとうにバカです。


こんなものを書いても、どこにも置くところがないもの。
どこに保管できる?
御主人様の家に? 会社に?
バカね。
見られたら、いけないものだもの。
捨てられるのが分かってるものなのに。


奴隷がくるりと背を向けた瞬間、御主人様が

「泣くな」

と声をかけ、後ろから抱き締める。


泣き顔を見られたくなくて奴隷は背を向けたまま、肩を震わせていた。
「分かってたよ。捨てるのは分かってたけど...目の前でしなくても...私がいない時に破けばいいのに...」


「ちゃんと気持ちを受け止めたと分かるように、お前の前でやらんといかんだろ」

「......」


心が痛かった。




201202横浜005


女には男の心が分からない。


男も女の心が分からない。


クルマを運転しながら御主人様が言った。
「女心は分からん」
まったく、その通りだと思います。


その時の私の気持ちがどんな気持ちだったか、男の人にもわかりやすく言うならば。
何かな。


例えば...

あなたが仕事で初対面の人と挨拶をするとします。
名刺を差し出し、「よろしくお願いします」と言います。
だが、その人は、あなたの名刺を目の前でビリビリに破いたのです。
自分の名前が書かれた名刺。
いわば、あなたの分身とも言えるでしょう。
それを目の前でビリビリにされたら、あなたはどう思うでしょうか。
なんて失礼な奴だ!と憤慨するでしょうか。
悔しくて悲しくなるでしょうか。


あなたは、どんな気持ちになるでしょうね。


201202横浜004


泣いた私の顔を見て、御主人様は
「可愛くて、いとおしい」 と言った。


「悲しくて泣いたのに、可愛いなんて言われても嬉しくないですよ~だ」
「6年たっても、お前はほんとに純な女のコみてえだな」と笑う。
「御主人様、女は身体を傷つけられるよりも、心を傷つけられる方が悲しいのですよ」
そう奴隷は教えた。


悲しかったけれど、時間がたつと、少し御主人様の気持ちが理解できたような気がします。
こそこそ隠れて捨てる事を、したくなかったのだろう。
真正面からお前の気持ちを受け止めると言ってくれたのだから。
御主人様らしいと思いました。



夜になって、ベットの上で寄り添う奴隷に御主人様が言った。
「俺は恋愛ベタかもしれんな」
奴隷も言う。
「そうですね。よく私を泣かしますものね」
そう言って、にっこり笑う。



「セックスは好きなんだがな」
「ふふふ。そうですね」
「ガハハハ」

二人とも笑いながらキスをし、そして抱き合いました。


そんなバレンタインデーを過ごしました。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2012/02/20 14:07 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<コメントありがとうございます♪ | ホーム | みなとみらいの夜景を見ながら>>
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/04/06 10:06】 | #[ 編集] | page top↑
 興味深く拝見していました。
愛されて、可愛がってもらって、
何が不満なのか、思いました。


この日誌は、独占したいという気持ちの吐け口だったのですか???


  メッセカードの1枚。


『お前の気持ちは受け取った。』


それが不満足なんですか???


【2012/02/25 05:22】 URL | マツ #-[ 編集] | page top↑
カレンさんの愛を破くなんて、なんつう不届きものだι(`ロ´)ノ
オレなら超~嬉しくて毎日スキップで会社行ってるぞ♪
もし理由があって愛のカードを持つことができないなら、目の前で食ってやるな
カレンさんの愛を全て受け止めてやるぜ
(^з^)-☆
【2012/02/20 21:32】 URL | ケン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://karendoreinikki.blog59.fc2.com/tb.php/354-44231fbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。