FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top↑

夜乱れ姿の奴隷

201108夜乱れ03

「脱げ!」
「はい、御主人様」
御主人様に言われ、奴隷は浴衣の紐をスルスル解いていく。
もうすぐ奴隷になって6年目になるというのに、いまだに全裸になることが恥ずかしく思います。
真正面から見られるのをためらい、御主人様に背を向けて、ハラリと肩から落としていった。
「早く見せんか!手をどかせ」
「は、はい」

奴隷の胸のふくらみから、ツンと尖った乳首が顔を出した。
御主人様はこの乳首に噛み付くのが、ことのほか好きなようで、いつも噛み付かれる度に、私は悲鳴を上げてしまいます。
毎日毎日、乳首に歯型がつき、皮が剥けるのか、いつも乳首の先がカサブタになっています。


乳首を噛まれたら痛い?
もちろん痛いですとも。
御主人様の噛み様はものすごいものですから。
「....ああ....噛まれる....」
そう思うだけで怯えて、身体が硬直してしまうのですから。
今でもそうです。
慣れません。


201108夜乱れ07


それなのに...ああ.....それなのに。

御主人様に抱かれてしまうと、私は豹変してしまうのです。

「あああっ~っつ!ご、御主人様~っつ!」
御主人様に女芯を貫かれると私の中の『女』が目覚め、狂ったように乱れ壊れてしまうの。
さっきまでの恥ずかしさはどこにいったのでしょうか。
御主人様に抱かれている時の私は、まさに色狂いとしかいいようがありません。
「いい~~っいいの~~っ!奥に当たるぅ~当たるのぉ~!いっちゃううううっ~」
自分から腰をユサユサ振りたて、オメコの中でオチンポ様をグリグリ掻き回していくのです。
御主人様は仰向けに寝転がりながら、奴隷が自分で動いて、何度も何度もイク様子を楽しそうに眺めています。


「うああ~~っ!うおおおおおっ~~っ!」
犯されながら乳首を噛まれると、ものすごく痛くて、ものすごく感じてしまい、私はケモノのような声を発し、セックスマシーンのように腰をガンガン振りたて、もっと快感を得ようとしてしまいます。
スイッチが入るとでも言うのでしょうか。
さっきまでの恥ずかしげな女とは別人のように、髪を振り乱し、汗びっしょりになりながら腰を振りたて、快感で喘ぎ狂っているのです。
「いくう~~っいっちゃう~~御主人様~気持ちいいの~~あああ~~っ!」
全身鳥肌を立てながら、一時間でも二時間でもイキ続ける奴隷を御主人様は力強く抱き締めてくれる。

「動かんでもいい。このまま、じっとしてろ。お前を抱き締めてえ」
全身が折れんばかりに力を込めて、強く強く包み込むようにして、腕の中にいる奴隷の存在を感じている。
血から強く抱き締められる、その息苦しさがまた、奴隷にも、女としての幸せを感じさせてくれる。
.....私、この人が好き.....愛している....
本当に愛おしく思う瞬間です。


さっきまでの快感がよみがえり、ジワジワ全身に広がり、じっとしていろと言われたのに、いつの間にか、腰を振ってしまう私。
抱き締められながら、クネクネ腰を振りたてます。
「ああん、ダメ。勝手に腰が動いちゃう。ああん、あああ~~ん」
自分から御主人様にキスをし、舌を絡ませながら、腰を振って快感を得ようとしてしまう。
「グハハハ。しょうがねえオメコだ。ほらほら!」
御主人様も下からガンガン突いてくださり、奴隷は身体をのけ反らせ、プルプル震えながらイッテしまいました。


御主人様が奴隷を押し倒し、髪を引っ張りながら犯していく。
「アガガガガッツ!ウオオオオッツ」
ガンガン激しく突かれ、ケモノのような声を上げている。
どんどん押し寄せる快感の波に飲まれている奴隷は、あまりの気持ちよさで焦点が合わなくなっているようだ。
御主人様が舌なめずりしながらギラギラした目で奴隷の顔に近づき、イッテる顔を眺めて、お互いの舌を絡ませキスをし、ベチャベチャと奴隷の顔を舐めまわした。
「フハハハ。イイ顔だ。お前のイッテる顔はそそるぞ。その顔だけでイケるな」

腰の動きが激しくなってきた。
御主人様が放出する時がきたのです。

髪を掴まれているので御主人様の動きと共に、奴隷の頭がガクガク揺れている。
オチンポ様がグワッツ!と張って大きくなってきた。
その感触がオメコから伝わってくる。
この最後の瞬間がとても気持ちいい。
御主人様と一緒に、奴隷もイッテしまうのです。


そして舌を這わせ、自分のメス汁で汚れたオチンポ様を丁寧に舐めていく。
それがまた、とても幸せなの。
この人の前では、私は淫らな奴隷なのです。
この人だから、私は乱れ狂うメスになれる。
私は御主人様の奴隷。


愛している人のそばで奴隷として暮らしています。
もうすぐ6年目になります。
毎日が本当に幸せ。
本当に本当に幸せ~♪
うふっ♪



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2011/08/30 11:38 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<高知城とよさこい祭り | ホーム | 桂浜で見た女の怖さ>>
コメント
うんうん。
いいですねー

鼻筋の通った美形だと誰でもわかる
横顔は優雅さに女らしさ奥ゆかしさ
まで感じてしまいます。

カレンさんが着ると旅館の浴衣さえ
映えますね 
幕末ファンの私に京を案内して
頂きたいですね

一緒に京を歩きたいです
食事おごります
手、繋ぎます

しかし京都は遠いよね

新橋、有楽町はどうでしょう
自身をもって案内できます。


【2011/08/30 00:03】 URL | 東京の丸の内です。 #-[ 編集] | page top↑
イイっすね(*^^*)
主の前だけいやらしくなるカレンさん見てえ♂♂
乱れ狂うカレンさん、色っぽいだろうな♪
普段、清楚でこれだけキレイな人が、自分だけに見せてくれる淫乱な姿
うお~(*`Д´)ノ!!!マジいいっす

男はそういうの燃えるんすよ(爆)
自分にだけ!!つーのがいいんだよな
他の男には見せたくねえって思うんだ
それがサイコーの女だよ♪カレンさんサイコーっす(^з^)-☆
【2011/08/29 21:26】 URL | ケン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://karendoreinikki.blog59.fc2.com/tb.php/335-7c14d647
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。