FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top↑

仕事と奴隷遊びの両立できますか



「美人と美女の定義、分かるか」
御主人様が聞いてきた。
「ん?美人と美女の定義ですか?う~ん、そうですね」
奴隷は考える。
「美人は美しい人で、美女はそれに色気のある人かな」
なんとなくそう思った。
「おお!そうだ。よく分かったな」
あら、当たってました。

「美人に色気があると美女だ。美人だけじゃダメなんだ。色気がねえとな。お前は美女だぞ」
「うふふ。ありがとうございます」
褒められちゃった。

他の人達から褒められるのはそんなに嬉しくないけれど、御主人様に褒められると、嬉しくて少し照れてしまいます。


この人はこういう褒め言葉をサラリと言ってくれる。
反対に逆の言葉も気兼ねなしに言う。
「言っておくけど、お前そんなにイイ女じゃねえぞ。はっきり言ってブスだ。それになんだこの腹。肉が掴めるじゃねえか」
そう言って飲み屋のお姉さんのお腹の肉をつまむ。

私はビックリです。
デブ・ブスなどと面と向かって女性に言うんですか。ええ~!
普通、言いませんよね。
案の定、その女性は顔を引きつらせる。
普段、お店に来る男性のお客様から褒められる事はあってもブス・デブなど言われることないですものね。
最初は何この人!失礼な人! と女性は気分を害する。
第一印象はものすごく悪いのですが、不思議なもので、ガハハハと屈託なく笑いながらズケズケとヒドイ言葉を言う御主人様をこういう女性ほど、のちに御主人様を追いかけるようです。

へえ~と私は感心しました。
でも分かる気がします。
御主人様が何でもズバズバ言うから、女性も気が楽になるんですよね。
気取らなくていい、格好つけなくていい、ダメな部分も分かってくれる。
人間、何らかのコンプレックスを持っています。
全てが完璧な人なんていないのですから。
女って自分を受け入れてくれる人といると楽なんです。
ダメな自分も丸ごと分かってくれる人が欲しいんですよね。
その後、デブだのブスだの言われ蹴られても御主人様に付いていくのです。
「この人は私を分かってくれる唯一の人」と感じるそうです。
不思議ですよね。

DSC_0157.jpg



御主人様といると男の本音が聞けて、すごく面白い。
「男が女に手を出さないのは、どういう事か」を教えてくれた。
「私を大事に思ってくれてるんだなって思いますね」
「それが間違っとる。出したくねえから出さねえだけだ。好きな女だったら抱きたくなるのが普通だろうが」
「はい、だからそれをガマンしてくれてるんだと思いますね。誠実な人ねって」
「女は自分に都合のいいように考えるからな」
「違うの?」
「当たり前だ。オメコに指突っ込んでもやらねえ女もいるぞ。指入れてオメコの具合をみてやめたのもいるな。メス汁の匂いがくせえのもダメだ。やる気なくなるな。まあ、体質だからどうしようもねえんだがな。あと、押し倒した時の仰向けの顔が気に入らなくてやらなかったな」
「ええ~。指突っ込んでるのにしないんですか。女はその気になってるでしょうに。オメコの匂いは前から臭いのイヤだって御主人様言ってたから分かるけど、押し倒した時の顔が気に入らないからってやらないなんて、かわいそうです」
「しょうがねえだろイヤなもんはイヤなんだ。それまでギンギンだったチンポがフニャ~と萎むんだよ」
「アハハハ。ホントですか~正直な息子さんですね」
「チンポだけはしゃぶらせるがな。ガハハハ」


オチンポ様って意外とデリケートなんですね。
「オメコの匂いってそんなに臭い人いますか?他の人の匂いって、嗅いだことないから分からないや」
「すっげえのいるぞ。身体の中から出てくるから洗っても臭せえ臭せえ。俺は優しいから相手に言ってやるがな。臭せえってな」
「ええ~~そんなの言われたら女はショックですよ。裸になっててそれ言うんでしょ。エッチもせずに」
「アホか。言ってやるのが優しさだ。女だってうすうすは気づいてんだよ。病院に行けって言ってやった」
優しいんだかヒドイんだか分かんない(^^)

「でもな、臭くなくても、体質的に合わねえのも結構いるぞ。味の好みがあるんだよな。唾液とかメス汁の塩分でも人それぞれ違うだろ。口に合わない奴とはダメだな」
「へえ~そういうものなの」
「だから俺は最初からいきなり女のオメコ舐めたりは絶対しねえな。苦い経験あるからな。お前にだって最初の一ヶ月は舐めなかっただろ」
「ほんと?分からなかったです」
「おお、そうだぞ。まあ、お前は匂いも味も俺の好みだったからな。お前のメス汁はうめえぞ」
「あんっ、バカ。恥ずかしいじゃないですか。ウフフ」

女の分からないところで男は色々考えてるものですね。


DSC_0164b.jpg

「俺は病気になっちまったらしい」
朝、突然、御主人様がこんな事を言った。
「なに?どうしたの?どこが悪いの」
奴隷は心配になって聞く。
御主人様が奴隷を見ながらケモノのような目つきをした。
「お前を抱きたくてしょうがねえんだよ。毎日やってるのに抱きたくて抱きたくてな」
両手で力強く抱きしめる格好をする。
「あん、入れたいって事ですか」
「違う。ただ抱きしめてえんだ。お前を感じてえだけだ。入れんでもいいから抱きてえな」
あ~ん、そんな事言われたら嬉しくなっちゃう。

「仕事せんといかんが、どうしてもお前を抱きてえ。こっち来い」
奴隷をそばに呼ぶ。
そしてギュウ~~ッと息ができないほど強く奴隷を抱き締めた。
「どうしてくれんだ、このやろう。どんどんお前を好きになりそうだぞ」
奴隷は微笑みながら
「いいんですよ。どんどん好きになってくださいね。私は御主人様のものなんですから」
そして二人は唇を重ね合わせ、激しいキスをする。


もう朝の9時です。仕事が待っています。
なんとか仕事と奴隷遊びの両立ができないかと御主人様は考え、自分の仕事用の大きなデスクの上に全裸の奴隷を乗せ、マングリ返しの体勢をとらせました。
そしてパソコンを取り出し、携帯をそばに置きます。
右手はマウスを操り、書類を書いたりしています。
左手はずっと奴隷のクリトリスやオメコを弄っているのでした。
「あんっああ~んっ。気持ちいいです、ああ~~」
両手で自分の足を持ち上げながら丸出しのオメコを御主人様に弄ってもらっていました。
ずっと御主人様の左手は奴隷のオメコにあります。
クリクリしたり、指を突っ込んでヌプヌプ出し入れしたり、ベロベロ舐めまわされていました。
それでちゃんと右手では仕事してるんです。
本当に器用な人ですよね。


一時間くらいその格好で遊ばれていました。
奴隷がイクたびに抱えている足が痙攣します。
指でオメコを責め、潮が吹かす一歩手前で何度も止め、奴隷を悶絶させる。
ヒクヒクうごめくオメコにペンを突っ込んでノックしてみたり、定規でアナルとオメコの距離を測ったりしています。
「オメコとアナルまで3cmちょっとだ。上つきってとこだな。ケツの穴から離れてるから下つきではねえな。下つきの女でケツの穴すぐ横にオメコがあった奴いたな」
「いや~ん、どこ測ってるんですか。もう~」
私、上つきなんだ。
計測されて自分が上つきだという事が分かりました。
女は自分では分からないですものね。


一時間くらい仕事してましたが、どうにもやりたくなるとデスクでまんぐり返しの奴隷のオメコに突っ込みます。
御主人様は背が高いので、立ったまま、デスクの上にいる奴隷をそのまま犯す事ができるんです。
ガンガン激しく突かれ、そのままお精子が放出されました。


「ふう~スッキリしたな」
御主人様はようやく、モヤモヤが晴れたようです。
奴隷はオメコからこぼれてくるお精子を感じながら、御主人様のオチンポ様をキレイに舐めていました。


良かったです。これで御主人様、お仕事できますね。
その日は一日中、奴隷をそばに置いてくれました。
仕事で出掛ける時も、奴隷を乗せて一緒に連れて行ってくれます。
いつも、いつでも御主人様の好きな時に使ってもらえる。
それが本当に嬉しいの。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2011/04/16 10:48 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<奴隷はオモチャです。でも... | ホーム | 激しくするからお疲れですね>>
コメント
ご主人は「差別」や「偏見」と戦ってこられたのでしょうか。。
ご自分の心を守るために攻撃的に生きておられた方でしょうか?
肩肘を張って、虚勢を張って、生きてらしたのではないでしょうか?。。
攻撃こそ最大の防御。
過去の女性に酷い仕打ちをし、ズバズバとものを言うのは世の中に対する復讐でもあったのではないでしょうか?折れそうな心を守るため必死に生きてこられた弱いご主人様・・
素直な心をカレンさんと出会って取り戻したのでしょうね^^。
【2011/04/25 14:43】 URL | エマニュエル #-[ 編集] | page top↑
カレンさん
こんにちは、ご主人の話は何となく分かりますね。

ご主人は気が付いていないのですが、要するに
相手から見た自分のハードルを下げてから
スタートに持ち込んでいるようですね。

通常なら第一印象を良く見せることが常識のところ
逆パターンでの展開。

これは非常に難しく高等なテクニックですね。
一般的には直ぐに嫌われて、見向きもされなく
なるところです。

それを自然と行ない。相手から好印象を持たれる
ってところが凄いです。

ご主人本人は正直に感じたまま、思ったままを相手
に伝えているだけのこと。

しかし、凡人が同じようにするならば

例)お前はブサだなー・・・
しかし、手は綺麗だな・・・

相手は、ブスで悪かったわね、といい
綺麗な手でビンタされるだけですね。

それが出来るのは極々選ばれた一部の持っている人
のみでしょう。

1.カッコイイ人
2.笑顔の素敵な人
3.包容力のある人
4.会話の楽しい人
5.男女共に人望のある人
6.仕事もよく出来る人
7.遊びもよく出来る人
以上の全てを持っている人です。

これを、何かをもっている人といいます。
ご主人も何かを持っている人ですね。

還暦を過ぎた「祐ちゃん」のようですね

私も何か持っていますよ。
フフフッ!




【2011/04/18 21:02】 URL | 東京の丸の内です #-[ 編集] | page top↑
はじめてコメントさせていただきます

カレンさんの形の整った唇に一目ぼれしました。

ご主人様も精力的な方ですね~
失礼ながら、還暦を過ぎられても携帯・パソコンを使いこなす姿は20代の若者のようです。

これまでのお二人の軌跡、じっくり拝読させていただきます。
【2011/04/17 10:46】 URL | #x9LVWhl6[ 編集] | page top↑
カレンさんが主に引かれるのもそういうとこなんだろな
自分に正直に生きることは意外と難しいもんだよ
逆にそれが女にうけるとは思わなかったな
オレもやってみるか(^з^)-☆
オレがやったらヒンシュクもんだけどね

それにしても主はいい人生送ってんな
カレンさんを毎日抱いてうらやましいっす( ̄^ ̄)
オレもそんな毎日送りてえ(ノ_・,)
【2011/04/16 19:44】 URL | ケン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://karendoreinikki.blog59.fc2.com/tb.php/315-2bae059a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。