FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top↑

激しくするからお疲れですね

DSC_0077.jpg

ふふふ。
御主人様、隣で寝ています。
今日は暖かいけど、もう夕方ですよ。
風邪引かないようにとブランケットを掛ける。


さっきまでベットで交わり合っていたから疲れたんですね。
あんなに激しくするからですよ。
噛まれたり捻り潰されたりした奴隷の乳首が2倍くらいに腫れ上がって大きくなってました。
うふふ。
ただお前を抱きしめたいだけだ、そういって横になったのにね。
朝のご奉仕が30分しかなかったから余計やりたくなったんです。
ちょっとだけしかオメコご奉仕できなかったもんね。


御主人様とお昼食べに行って奴隷部屋に戻りました。
「ただいま」
「はい♪ おかえりなさい」
一緒に帰ってきたのにいつもそう言う。
そしてベットでくつろぐ。
そして抱き合う。
この人の寝顔は見慣れているが、やはり愛おしく思います。


御主人様が奴隷の耳かきをしてくれる。
あぐらをかく御主人様の太ももに頭を乗せ、耳かきでキレイにしてもらう。
小さい頃は父がしてくれていました。 高校まで月に一回、父のひざの上で耳かきをしてもらっていました。
その後は付き合っていた彼が引き継いで、耳かきをしてくれていました。
御主人様に逢うまで、自分では耳かきをした事がなかったんです。
御主人様のもとに飛び込んでからは、自分でしなければなりません。
「耳かきして欲しいです」 なんて言えるわけないもの。
自分では耳かきの棒では上手くできず少しこすると痛くて、だから麺棒を消毒液で湿らせてキレイにしています。
でも人に耳の中をコニョコニョやってもらうあの気持ちよさが無いんですよね。

御主人様がちょうど自分の耳かきをしています。
「お、血が出た」
「え!大丈夫?見せて」
「おう、見てくれ」
御主人様の耳を覗き込む。
「大丈夫。ほんの入り口を傷付けただけですね。もう血がとまりそう」

御主人様がついでに奴隷の耳かきもしてくれる事になりました。
「わ~い♪嬉しい~。でも痛くしないでね」
「大丈夫だ。ほら来い」
「ほんと?痛くしちゃダメだよ」
おそるおそる御主人様のひざに頭を乗せます。
「ふにゃ~ん、気持ちいい~もっとコリコリして~こっちも~奥までやって~」
「こら、動くな。危ねえだろ」
久しぶりにあの心地よさを体感しました。
気持ちよくて寝ちゃいそうでした。


DSC_0079a.jpg

心穏やかな毎日。
でも抱かれている時は、喘ぎ声の他は、ほとんど悲鳴や痛みに耐える声を上げています。
とくにアナルを犯される時は、あまりの痛さで涙を流してしまいます。
「ひい~~っつ!痛いっ痛いっ裂ける~っ!ギイイイ~ッツ!裂ける~っ!」
オチンポ様がアナルに入ろうとすると裂けてしまったのではないかと思う痛みで叫んでしまいます。
抜かれた後も指を一本入れるだけで、さっきの裂けるような痛みが襲ってきます。
どうしても最初の挿入時だけはいつもこうなります。
でも御主人様を受け入れたいんです。
「フ~フ~フ~。はい、今度は大丈夫です」
力を抜こうと息を吐いて、二度目の挿入を受け入れる。
アナルのシワがなくなるほど穴を押し広げながらオチンポ様が入ってくるのを苦悶の表情で耐える奴隷。
「うあああ~~っ」
完全にズッポリ突き刺され、御主人様が腰を動かし始める。

最初のうちはやはり相当痛いです。
それでも犯されているうちに少しづつヌチャヌチャとアナル汁がでてきて気持ちよくなっていきます。
「んあああ~~お尻が~~ううんんん~~あああ~~いい~~」
「気持ちよくなってきたか。ほれほれ」
ズンズン激しくアナルを突いて犯していきます。
「あひいい~~ご、御主人様~~っイイノ~~ッお尻がいいの~~」
半開きに開いた口から、喘ぎ声とともにヨダレが垂れ流れていく。
身体の真ん中をオチンポ様で串刺しにされ、口を閉じることができないのです。
アナルを犯されるたびに全身の毛穴から汗がでてくる。

「う~むアナルはいいな~。気持ちいいぞ」
御主人様は満足そうに奴隷のアナルを犯している。
アナルの粘膜がズニュズニュいやらしい音を立てながらこすれていた。
そして御主人様が放出する。

「すごい量ですね」
べっとりお尻についた精液を眺め、奴隷が嬉しそうに笑う。
こんな毎日がとても幸せです。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2011/04/04 12:47 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<仕事と奴隷遊びの両立できますか | ホーム | 御主人様、奴隷の両親に挨拶>>
コメント
耳かきですね。
確かに気持ちいい

これでカレンさんは主に四つの穴を制覇されたのですね。

残りは一つですが、二つの穴!!

しかし

この穴を犯された牝は存在すら不明

主が小指大の生殖器なら
カレンさんの鼻が異常に柔軟性があれば
・・・可能性はある

期待しています?

(^^)/


【2011/04/04 21:57】 URL | 東京の丸の内です #-[ 編集] | page top↑
オレもカレンさんの耳かきしてえ~!
耳かきの綿でくすぐるぜ~♪
想像するだけで幸せな気分になるよ(^з^)-☆
カレンさんと主は理想のカップルだよな

愛のある主従ってこういうもんなんだよ
他とはやっぱ違うよな
だって毎日一緒なんだろ
それでこんなに今もラブラブかよ(^^)d毎日ラブ注入 してるんか♪
やっぱ愛だな♪
本気じゃなきゃ続かないよな
カレンさんと主は本物だよ(^з^)-☆




【2011/04/04 20:11】 URL | ケン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://karendoreinikki.blog59.fc2.com/tb.php/313-42f1f4a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。