FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top↑

女の色気が出てきましたか?うふふ

20101130102535.jpg

前にブログで私が五年目になって、ますます御主人様を好きになると書いた。
それを見て御主人様は
「ほんとか~?全然そんなふうに見えねえぞ」と言う。
「うふふふ」 奴隷は笑った。
もう~すぐ疑うんだから。
ふふっ。本当ですよ。


201011301032.jpg

御主人様と出逢って、ブログを始めました。
最初は,YAHOOブログでしたね。
最初のブログは御主人様が、奴隷とのやりとりを書いていました。
それから、FC2に移り、ブログを続けています。


この間、御主人様が突然、奴隷に言いました。
「お前、色っぽくなったな」
「え?なんですか急に」
「いや、いい女になったと思ってな」
「うふふ。やっと大人の女の色気がでてきたのかな」


どれだけ変わったか、御主人様と一緒に5年前の二人の写真を見てみることにしました。
「え!これ5年前の私だよね。うっそ~すごい若い~。いや~ん私、可愛い~♪」
なんともまだ幼さが残る初々しい感じの私がいる。
「お~!すげえ可愛いじゃねえか♪5年前はやっぱ若けえな~」
「ほんとですね~。毎日鏡見てて、そんなに変わらないと思ってたけど、こうして5年前の写真見るとやっぱり違うね~。自分でいうのもなんだけど、めちゃくちゃ可愛いじゃないですか(^^)♪」
「グハハハ。ほんとだな~。ほんとに可愛い顔してんな、このやろう」
「あ~ん、嬉しいです」
御主人様の足元にひざまづいていた私は御主人様の太ももにスリスリ甘える。
「お前は今も昔も可愛いぞ。それにイイ女になったな」
「うふん。どう?大人の女になったでしょ」
スカートをチラチラさせて御主人様に大人の色気をみせつける。
「フハハハハ。いい女だ」
御主人様は笑った。


昨日、御主人様が私に聞いた。
「お前、昨日、どんな服きてたっけ?」
「シンプルな黒っぽいワンピースです。なんで?」
「昨日、飲み会があっただろ。その席でお前の事が話題になってな。すげえ色っぽくてキレイだって言ってんだ」
奴隷は手帳を見る。
「昨日は午後に○○企業の方々が挨拶に見えられましたけど。仕事なんですから私そんないやらしい格好なんてしてませんよ。御主人様も私とお昼一緒だったからわかるでしょ。変じゃなかったよね」
「そうだよな。昨日夜、飲み会で会ったら、お前の話題が出ててな。すげえ評判になってたぞ」
「いらやしいような格好してなかったですよ。おっぱいが片方出てたのかな」
「ガハハハ。それだったら俺が先に気づくだろ。片乳出てるぞって教えとるわ」
「そうですよね~」
「俺も聞いてて鼻が高かったぞ。お前はイイ女だ。奴隷としても女としても最高だぞ。フハハハ」
奴隷にご奉仕させながら、御主人様は嬉しそうに話していました。


201011301033.jpg


最近、御主人様の性欲が増しているような気がします。

朝、まずご奉仕させ、オメコに突っ込む。
御主人様、朝になるとムラムラするようで、それを鎮めるために、まずオメコに入れてオチンポを落ち着かせます。
飲み会で遅くて寝不足だったりすると、オチンポ様がギンギンになっています。
いわゆる、疲れマラというのですね。
疲れてるのにオチンポは元気です。
いったん軽くオメコを犯してから、仕事にかかります。
そうしないと、仕事に集中できないようです。

午後は御主人様は仕事をしながら奴隷はデスクの下でずっとご奉仕しています。
「後ろを向け」
奴隷はデスクの下でクルリと向きを変え、その体勢のままオメコを犯されます。
「動け」
奴隷は四つん這いでお尻をヘコヘコ動かしオチンポ様を出し入れする。
時々、御主人様がズンズンッ激しく突いてくるので奴隷はデスクにガンガン頭を打ち付けます。
動きが悪いと叩かれ、また腰を振る。
何時間そうしていたでしょう。
口でご奉仕し、オメコでご奉仕する。
その繰り返しでした。

夜はベットで犯されます。
やっぱりベットが一番やりやすいようです。
奴隷が上に乗って御主人様を楽しませるのです。
激しく動かしたり、御主人様の好きなゆっくり出し入れでオメコを感じていただきます。
そしてここでフィニッシュ。
お精子を放出するのです。
そして一緒に眠ります。


年齢的なものもあって何回もお精子を出す事はありませんが、オチンポ様はすぐ起ちます。
どんどん性欲が強くなっているのは気のせいではありません。
どれくらいが世の平均なのか分からないですが、これだけ毎日犯す還暦はいないでしょう。
この人は怪物でしょうか。
ふふふっ。
「御主人様、立派な病気ですね」
奴隷がそう言うと
「あほか。お前の病気が移っただけだ。お前を治してやらんといかんだろ。俺は使命感でやっとるだけだ」
「うふふ。じゃあ二人が病気なんですね。一生治らない病気なので御主人様、毎日お注射お願いしますね」
「しゃーねえな。ガハハハ」


あ!私がなんで色っぽいって言われたか分かりました。
その企業の方々に会う前に、御主人様にオメコを使っていただいていました。
だからきっと、フェロモンが出ていたのかもしれませんね。

だから、どんどん色っぽくなっていくんですね。
うんうん、納得。

毎日犯されてるから、これからもっと色っぽくなっちゃうかも。
いや~ん、どうしよう~嬉しい♪

御主人様、私の色気は御主人様が犯してくれたからですよ。
イイ女にしてくれて、ありがとうございます(^^)
うふふふ。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2010/12/08 12:19 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<イカされ狂う奴隷 | ホーム | 泡アワの奴隷で楽しみましょ♪>>
コメント
銀さんへ

いつもコメントありがとうございます(^^)

なるほど、やはり若さと色気は女性ホルモンのおかげですね。
女性がキレイでいるために愛は必要不可欠なものですね。
女性もその男性のためにキレイでいたいと思うものです。
どうすれば女性がもっとキレイになるか、もう答えが出ましたね(^^)
銀さんのように女性を分かってくれる方なら、女性がどんどんキレイになっていくんですね♪
銀さんの女性が羨ましいです(^^)
うふふ。
【2010/12/14 20:08】 URL | カレンです。 #-[ 編集] | page top↑
カレンさん。

お2人は病気なんですね
では、私も病気かも知れませんね(^^)/

いつも仲のいい関係でいることが
分かりますね

カレンさんと主は共に人に好かれる
タイプの人種ですね

若いカップル・芸能人は別としても
男女共に人から好かれる者同士(大人の)
よくいう「いい男いい女」は、なかなか
存在しないですよね

デブハゲのオヤジが若いお姉さんを連れ
ているケースや金持ちオバサンが若い男
を連れているケースは世間から見てとて
も見栄えが悪く感じますけど

カレンさんと主は、典型的に
「いい男いい女」だと思います

例えば2人が有名ラーメン屋で食事をした
として車で店を後にするまで、回りのサラ
リーマン達などは食事中から店を後にするまで
ずっと見てしまうでしょうね

そして各々つぶやくでしょう

「いい女を連れているなぁ~」

「しかも、いい男がな・・・」

「そして、いい車乗ってな」

世の中って不平等なのか平等なのかってね


【2010/12/09 23:10】 URL | 東京の丸の内です。 #-[ 編集] | page top↑
カレンさんのエロ可愛さにオレもやられてます!(b^ー°)

カレンさんは見た目すげえ上品で清楚な感じすんだよね
頭もいいしキレイだしサイコーっす
カレンさんは愛情あふれてる家庭で育ったのがよく分かるよ
こんなに素直で一途 でスレてない優しいこはいないからね

それでいて明るくて楽しくて優しい
それに超エロい♪♪
そんな女に起たない奴がいるわけねえだろ
毎日抱きたくなる女なんて、超サイコーだよ(^з^)-☆Chu!!
オレも抱きたいっす♪

【2010/12/08 22:06】 URL | ケン #-[ 編集] | page top↑
女性は愛されてると感じると、様々な性行為につながるホルモンが活性化しますね。
若々しく見えたり、セクシーに見えたりと…。
内面だけではなく、外観にも現れます。
【2010/12/08 17:33】 URL | 銀 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://karendoreinikki.blog59.fc2.com/tb.php/295-1c8299d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。