FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top↑

混浴露天風呂に行きました。

101119_1317~01


「明日からまた出かけるぞ」
いつものように突然、御主人様が言う。
「はい」
奴隷は慌てもせず、支度を始めた。
今回も都内、横浜かな。関東方面らしい。
「仕事が終わったら温泉にでも行くか。どこがいいか決めとけ」
「え!ほんと?わ~い嬉しいな♪私、一度でいいから大きな混浴露天風呂に入ってみたかったの」
「なんだ、今まで一回もねえのか」
「部屋の個室露天風呂は何回も行きましたよね。でも大きな混浴露天風呂は行ったことないの。だから行ってみたいです」
「そうか、じゃあ行くか。予約しとけ」
「は~い」

という事で、奴隷はさっそく関東方面の混浴露天風呂をネットで検索する。
「すごく大きな露天風呂がいいな~。気持ちいいだろうな~。あ、あった!ここにしよう」


天気は快晴♪
お出掛けの日はいつもよく晴れます。
けっこう遠くまで来ました。
すごく紅葉がきれいです。

「なんだかワクワクしますね。ほら見て、山がこんなに近くにありますよ。自然がいっぱいって感じですね~」
「山だらけだな」
「御主人様、いずれ田舎に住みたいって言ってましたよね。こういう所はどうですか」
「おう、でも山だけじゃダメだ。海と山が近くにある場所だ。海と山がありゃ、何でも採って食える。俺は小さい頃から自分で採って食ってたからな」
「貝とか採って食べてたんですよね」
「母親が遅くまで働いてたから腹へってな。親戚のバアさん家に預けられた時も海で釣ってきたのが俺の夕飯になるんだ。釣れねえときはメシしかねえんだぞ。自分の食うもんは自分で採らなきゃいけねえんだ」
「うん、そうでしたよね。だから何でも自分でしようとするもんね。人に頼らないよね」
「いずれは、そういう場所で暮らそうと思ってる。お前もくるか?」

奴隷は答えた。
「何言ってるんですか、一緒に行くに決まってるでしょ。田舎だろうがどこだろうが、御主人様が嫌でなければ私はどこへでもついて行きますよ。御主人様のそばにいます」
「そうだな。ちゃんとついて来い。でも家はどうするんだ」

奴隷の家のことである。
御主人様は将来を考えて奴隷の家を建ててくれる。

ふっと笑って御主人様に言う。
「そうなったら売ってしまいましょ。私には家が一番大事じゃないの、御主人様と一緒にいるために家を建てるのでしょ。御主人様がそばにいないんだったら私には何の価値もないものです。欲しいのは家じゃない」
きっぱいと言い切る。
「人間どこででも暮らせます。私はそれについて行きますから。御主人様と一緒ならそれだけで幸せなんですよ」
「そうか、お前は本当に可愛い奴だ」


101119_露天

混浴露天風呂。
ドキドキします。
女性はいるのかしら、私だけだったらどうしよう。
そんな不安もありましたが、女性二人組やカップルも何組かいます。
ほっとしました。
脱衣所は男女別々だったので、御主人様と声をかけあい、一緒に出ました。
御主人様の後をついて歩いていきます。
恥ずかしかったけど、御主人様と一緒だから大丈夫、あん、離れちゃイヤッ、もう~いじわる。

すごく気持ちよかった♪
広いお風呂っていいな。天気もいいし最高です。
御主人様の隣でくつろいでいました。

余裕もでてきて、チラチラ周りも見れるようになってきました。
夫婦で入っているのと、そうでないカップルと雰囲気が違います。
なんていうんだろう、女に色気があるのかな。
あと、男は単独で入っている人がほとんどです。
30~40代の男性が多いようです。

ある男性は4時間以上温泉に入っていたんじゃないかな。
私たちが一回上がって、部屋で休憩し、抱き合ってから(ついついしたくなるんです)また露天風呂に入ったときもその人はいました。
「すごいね。あの人何時間いるんだろう」って話してました。
本当に楽しかった。


「また違う混浴風呂さがして行こうな」
「はい。混浴めぐりも楽しそうですね」

次はどこに行こうかな。
楽しみです。



奴隷になって5年目になりました。
記念日には二人でお祝いしましたね。
毎日一緒にいて、毎日のように抱き合って、楽しい毎日があっという間に時は過ぎていきます。

これからもずっと一緒にいれますように。
そう願いました。

5年目になっても、ますます好きになっていきます。
御主人様、これからもよろしくお願いします。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2010/11/21 11:17 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<泡アワの奴隷で楽しみましょ♪ | ホーム | ようやく閉幕いたしました。>>
コメント
りあさんへ

そうですね、女性一人では絶対危ないですよね。
今回行った所は、きちんと管理されている旅館の露天風呂だったので安心でした。
温泉が近くにあっていいですね♪
お肌スベスベなんでしょうね。

私の髪型は私の好みです。
たしかに髪型も森雪に似てますが、顔は実写版の森雪役の黒木メイサさんには私は似ていません(^^)
アニメのほうが似ています。

御主人様は髪を引っ張って犯すのが基本なので長いほうがいいのかな。
でもスキンにしてみろとも言っています。
そしたら髪引っ張れないじゃないですか(^^)
うふふふ。
それに髪が長いと冬は暖かくていいですよ♪
【2010/11/28 13:58】 URL | カレンです。 #-[ 編集] | page top↑
ケンへ

お祝いありがとうございます(^^)
最初、あれ?何年目だっけと分からなくなって6年目って書いちゃったの。
後で数え直したら5年目だったんです。
うふふ、間違えちゃった。

私が真っ直ぐな心でいられるのは御主人様が安心させてくれるからなんです。
だから信じて生きていけるんだと思います。
これからも応援お願いしますね。
ケンさんに応援されると、すっごく元気になるんです。
ケンさんはいつも温かくて、本当に好きです♪ありがとう。
【2010/11/28 13:46】 URL | カレンです。 #-[ 編集] | page top↑
銀さんへ

一人じゃ行けませんけど、ちゃんと守ってくれる人がいたら、女性は混浴に行ってみたいと思う人は多いと思います(^^)
私達もぬるめのお風呂でゆっくり入っていました。
キレイな景色を露天風呂に入りながら好きな人と一緒に見られるのは本当に嬉しかったです♪
寒い季節は温まるのが一番ですね♪
ぴったりくっついて密着するともっと温まりますよ。
試してみてくださいね(^^)
【2010/11/28 13:37】 URL | カレンです。 #-[ 編集] | page top↑
東京の丸の内です。さんへ

うふふふ。
丸の内さんも4時間頑張っちゃうんですね。
でも裸は御主人様だけしか見せませんでしたよ。
ちゃんとタオルで隠してました(^^)
でも濡れたタオルって身体に張り付いて身体のラインが分かるから、丸見えよりエッチかもしれないですね。
それに真っ白のタオルだから透けちゃっていたかも。
いや~ん。
【2010/11/28 13:27】 URL | カレンです。 #-[ 編集] | page top↑
ブログ再開、嬉しいです
混浴露天風呂ですか~私は温泉地に暮らしていますが、混浴露天風呂は例の殺人事件の無人無料温泉にトレーナー着たまましか…
質問ですが、カレンさんの素敵な森雪みたいな髪形は単なるカレンさんか、ご主人様の好みですか?
プレイに適しているからですか?
【2010/11/21 23:31】 URL | りあ #-[ 編集] | page top↑
五年目おめでとう\(^ー^)/
10月だったよね
ブログに書かれてなかったからまた主は忘れたのかと思った( ̄○ ̄;)ハハハ


カレンさんはマジいい子だな
いつでも一途に主だけの事を考えてる
何も見返りを求めない無心の愛だね
そういう女に愛される主はすげえ羨ましいよ
ホント、カレンさんは素直で心がキレイなんだな
両親や回りからたくさんの愛情を受けてきた人間なんだね
愛情に歪みがある人間は人を信じる事ができないからね
カレンさんはいつまでもこのままでいて欲しい
ずっとオレはカレンさんを応援してます!(b^ー°)

【2010/11/21 21:38】 URL | ケン #-[ 編集] | page top↑
私も混浴行きたいです。
単独でも良いのですが、ぬる湯に二人でが良いなぁ。
温泉には良い季節となりましたな。
【2010/11/21 19:14】 URL | 銀 #-[ 編集] | page top↑
おぉー、秋の混浴露天温泉ですか

紅葉を見ながらの露天風呂は最高にいいですね~

行った場所は混浴で水着ではなく「スッポンポン」ですか?

すっ、素晴らしいところがあるんですね

余り長湯は苦手なんですが、混浴露天の「スッポンポン」なら・・・

私も4時間頑張りますね (^^;

ところで、カレンさんはレズに興味はありますか?







【2010/11/21 13:51】 URL | 東京の丸の内です。 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://karendoreinikki.blog59.fc2.com/tb.php/294-d6c60504
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。