FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top↑

巨大な男根に驚く。

「うっそ~♪すっご~い。どんどん大きくなってる~すごいすごいキャーすごすぎです~」
奴隷は驚いた顔でオチンポ様を見ている。

何をそんなに驚いているのかというと。

それは....。


巨大化した御主人様のオチンポ様である。

なぜ突然、御主人様のオチンポ様が大きくなったかというと。

カンタン吸引で、シンボルUP!増大効果+性欲増大+持続アップのペニス専用トレーニングマシーンを使っているからです。

トレーニング

どんなものかご説明しましょう。

使用方法は、①市販のローションでペニスを濡らし、シリンダーに挿入します。
②大きなグリップは、シリンダー内部の空気を抜き、小さなグリップは真空状態を解除します。
③本格的な圧力計がついている為、ペニスにかかる負担を適度に調節でき、自分にあったトレーニングが可能です


グリップをシュコシュコ握っていくと。
あらあら、見る見るうちにオチンポ様が伸びていくではありませんか。
長さだけではありません、もちろん太さもグングン太くなっていきます。
もうシリンダーの先端まで届きそうです。


御主人様、たまにこれで訓練しているんです。
それを聞いて奴隷は「どんなの?どんなの?見たい見た~い♪」と好奇心に満ちた顔でお願いしました。
あんまり奴隷が見たがるので御主人様が見せてくれることになりました。


御主人様のオチンポをシリンダーに入れるところから手伝います。
ローションが無かったので入口につけるゴムを水に濡らしてオチンポ様を突っ込みます。
奴隷がグリップを手にしてシュコシュコと握ってくと、どんどんオチンポ様が大きくなっていくではありませんか。
もう奴隷は大喜びです。
「うわ~~すごい!伸びてる~。一回握るだけでこんなに伸びるよ~♪」
もう楽しくてたまりません。
ワクワクした目で御主人様に聞きます。
「どこまで伸びるかやってもいい?やりたいよ~」
すると
「お前、チンポが破裂するまでやる気だろ」
「ウフフフ。どこまでできるか挑戦してみたいの。だってこんなに大きくなるんだよ~」
「アホか!チンポが破裂しちまうだろ。10気圧がギリギリだな」
残念、却下されてしまいました。


「ねえねえ、これって気持ちよくなるの?」
「全然だな。普通の勃起は海綿体に血液が充満してチンポが起つだろ。これは勃起する前に血流を止めて圧力かけてるから勃起とは違うな。気持ちよくもなんともねえ。まあチンポを鍛えるためのもんだな」
「へえ~そうか。血流を止めてる状態だもんね。首を絞められて顔を真っ赤にするのと同じかな。てことは大変!あんまりやるとオチンポ様が死んじゃうよ~!」
奴隷は慌ててグリップを手から外した。


オチンポ様死んだらやだもん。
私の大事なオチンポ様。


「ガハハハ。大丈夫だ。そんなにチンポが大事か」
「当たり前じゃないですか。御主人様のオチンポ様は私のだもん」
「そうか、グハハハハ」


ハサミ1


奴隷は吸引されて大きくなったオチンポ様を見て思った。
「これでクリトリスも大きくなればいいのにね。でもこんなシリンダー大きくちゃダメだね」
すると
「いけるだろ。このチューブで吸えばいいんじゃねえか」
「あ!ほんと。このチューブでイケそうですね。わ~い、やりましょう♪」
「よし、脱げ」 「は~い」
奴隷はストッキングを脱いで、脚を開き、両手でクルトリスを剥き出しにした。
御主人様がチューブにクリトリスを入れて、グリップを握る。
「あっ、あうっ、はふ~う、吸われてるって分かります。あううっ、痛いです、あうううう」
チューブが透明ではなかったので、どれくらい伸びているのか分かならかったが、クリトリスがキュキュ~ッと吸い込まれているのは感じる。


「はうう~っ痛い、痛いです。あっあっああっ」
シュポ~ンッ!
チューブからクリトリスが外れた。
「あああっ、いいっ」
外れた瞬間、奴隷は気持ちよさで声を上げてしまう。

二人でクリトリスを覗き込む。
コリコリに尖っている。
効果はありそうです。


「クリちゃん大きくなったね。もっともっと大きくして欲しいです。それに抜けた時すごく気持ちよかったの。うふ」
そしてもう一度チューブに入れる。
「あう~ん、これもいいっ」
今度は入れる時も気持ちいい。 クリトリスが敏感になった証拠である。
三回吸引したクリトリスはコリコリ固く尖って、いやらしくなっている。
御主人様がその敏感になったクリトリスを指で優しく撫でまわすと、奴隷はたまらず身体をくねらせ甘い声で喘いでいる。
「アア~~気持ちいいです~クリちゃん気持ちいいの~あ~ん」


こんな事をして遊んでいるので、二人とも発情してしまい、その場で始めてしまいました。
御主人様の上で激しく腰を振ったり、床に四つん這いになって自分からお尻を前後させてオチンポ様を奥まで突いてもらったり、腰をグリングリン回転させてオチンポ様をオメコの中で掻き回すように動いていました。

ゆっくりゆっくり出し入れするのも本当に気持ちよくて、どうしようもないほど何度も何度もイッテしまいます。
「あ~~ん、気持ちよくてまたイッちゃいます~イッちゃう~~イッちゃうの~~御主人様~~」
御主人様に抱きつき、プルプル震えながらまた絶頂を迎えていました。


今日は一時間ほど犯され、オメコに放出していただきました。
腰をグルングルン回転させながら動かしていたのが気持ちよかったそうです。
最後はそれで出していただきました。


ハサミ


オメコに放出した後のオチンポ様を舐めているとオメコから溢れてきたお精子が流れていくの。
「ああん、出てきちゃった。御主人様のお精子が出てきました」
奴隷は後ろ向きになってお尻を掲げ、そのオメコから流れている姿を見ていただきます。
「なんだ、ケツまでヌルヌル流れてきてるぞ。まったくどうしようもねえ豚だ」
「ああ~ん、たくさん入れていただいて嬉しいです」
奴隷はお尻を叩かれながらお礼を言った。


「これでクリトリスが小指くらいにするか」
御主人様が小指を立ててニンマリと笑う。
「そんなに大きくなったら毎日クリちゃん噛まれて千切れてしまいますよ。御主人様、噛むの好きなんだから」
「間違いなく千切れるな。グハハハハ」
「ほら~やっぱり~。もっとクリちゃん使ってからにしてくださいね。フフフ」
「まだ使い足らんか。千切れてもいいんだぞ。他にも使う場所はいっぱいあるからな」
「え~ん、いやです~まだクリちゃん使わせてください~」

奴隷は必死でそれを阻止した。

今日は滅多に見れない巨大なオチンポ様を見れて楽しかったです。
でも本当にあんなに大きくなったら奴隷のオメコには入らないですね。

御主人様、その器具がオチンポ様を鍛えるだけにしてくださいね。
でないと奴隷のオメコが裂けちゃいますよ。
うふふ。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2010/10/08 12:48 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ベットの中の奴隷 | ホーム | 拘束イスでイキ狂わされる>>
コメント
な・なるほど

それは主の精力維持装置ですね。
最近衰え気味の我が息子にも必要ですね。
効果は、セカンドライフでも現役
即買!!



【2010/10/10 15:41】 URL | 東京の丸の内です。 #-[ 編集] | page top↑
やっぱ主は鍛えてたか!(b^ー°)
いくら絶倫でも主は還暦過ぎだろ
さらに日に二回出すんだからな
普通の男にはできないよな~

オレがその年でも毎日出すのはキツイっね♂
でもカレンさんだったら毎日できます(^з^)-☆Chu!!
カレンさんみたく毎日でも抱きたくなる女はいないっすね♪
やっぱ男はいつまでも生涯現役っす!!
男として主を応援してます♂♂

【2010/10/09 16:26】 URL | ケン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://karendoreinikki.blog59.fc2.com/tb.php/288-6823444c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。