FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top↑

拘束イスでイキ狂わされる

拘束イスに奴隷を座らせ、手枷足枷をつけて動けないように拘束していく。
電マをクリトリスに当てて、奴隷が身体を動かして逃げようとする動きを封じ込める。
腰が動かせないように太ももとイスを縄で縛り、その上をラップで巻きつけ、脚を閉じることもできず、逃げようとしても腰が浮かないようにされる。
両手は手枷で止められ、イスのヘッド部分から外れないように頭の後ろで縛られる。
電マを当ててみて、動けずに快感に苦しむ様子をみて、ようやく調教を始めた。


拘束いす


ムチを手にして御主人様が奴隷の前に立つ。
「欲しかっただろ。今日はたっぷりムチで楽しませてやる」
そう言って怯える奴隷の顔を眺め、歯を立てて乳首に噛み付く。
「ギャーッ!」
乳首に噛み付いている御主人様を見ながら、悲鳴を上げる。

....ああ....始まる....始まる....

怖さとともにゾクゾクした快感が身体を走る。

「ウギャアアアッ!」
「ぎゃあああっっつ!」

ムチを振るい落とされるたびに奴隷は痛みで悲鳴を上げていた。
ムチは止まることなく奴隷の身体を叩き続け、奴隷の身体を真っ赤に染める。
「ヒギャア~ッツ!」
乳首にムチが当たると悲鳴がより大きくなり、奴隷は泣きながら、またムチを叩き落とされる。
覆い隠すものが何もなく、ムチを受けるための身体しか、ここには存在しない。
御主人様の手が上に上げるたびに奴隷は怯え、身体を硬直させて叩きつけられるムチに耐えていた。


御主人様の気が済むまでムチは振るわれ、今度は電マ責めが始まった。
拘束されている奴隷の足の間に御主人様は座り、電マのスイッチをいれた。
ビイイイイ~~ン!
電マの激しい刺激が奴隷のクリトリスに当てられる。
「ひああ~~~っ! ク、クリがっ!あぉぉぉぉっ」
強烈すぎる。 電マの責めは強烈すぎて苦しい。
逃げたくて腰を揺するが、太ももががっちり拘束されているので動かすことができない。
イスと背中の間に枕を挟んで、腰が奥に逃げないようにされている。
ワレメが前に押し出され、オメコを弄りやすくなっている。

「あううううっつ!いやっ!イクッ!いっちゃう~~っつ!」
電マに強弱をつけ、オメコやクリトリスに当てて、イキ狂わせていた。
「もうダメッ!ダメッ! いやっイク!イク!イック~~ゥ!」
太ももがプルプル震えている。 
無理矢理イカされ、どうしようもない強い快感に身体が痙攣したようにピクピク震える。

あまりにも続く刺激と快感で口を閉じることもできず、口を開けたまま「...んあああああああああ~~うおおおおおお~~」 悲鳴のような声を発し続けている。

いったいいつまで続くのだろう。
どれくらいイカされれば感じなくなくのだろう。
いつまで狂えば終わりがくるのだろう。


狂う。
狂う。
もうだめ。
やめてやめて。
ひいいい~狂い死ぬ。
イキすぎて頭がおかしくなる。
ああ。
またイカされる。
うおおおおお~死ぬ~。


電マでイカされながらアナルを指で掻き回される。
アナルの中で指を曲げ、奥の粘膜を円をかくように掻き回されて、奇声を発しながら奴隷はよがり続けていた。
あまりの快感で、虚脱したように身体の力が入らない。
半開きの口からはヨダレが垂れ落ち、白目を剥いたまま呆けた顔でイキ続けている。


何も考えられない。
何も見えない。
もう快感しか感じられない。
狂う。
狂う。
このまま狂い死にたい。
もっともっと。
イカされ続け、何をされても感じてしまう。


まだ終わりはこない。
もっと私は狂わされていく。

イキ狂いながら奴隷が微笑んだ。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2010/10/04 17:54 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<巨大な男根に驚く。 | ホーム | これから調教されてきます。>>
コメント
ケンさんへ

ケンさんも泣き顔が好きなんですか(^^)
御主人様も私が泣きながら狂っているのを見るのがすごく好きです。
泣いている私の顔中ベロベロ舐め回して喜んでいます。
ケンさんも御主人様と一緒なんですね♪
【2010/10/05 11:33】 URL | カレンです。 #-[ 編集] | page top↑
オレのカレンさんが~(ノ△T)
なのにエロくて好きっす♪

清楚で可愛いカレンさんがどれだけ乱れるか見てみたいっす
カレンさんの泣き顔興奮するだろな♂
イイ女が泣きながら狂うのはサイコーだな♪♪♪

オレがカレンさんを狂わせてえ~(^з^)-☆Chu!!
【2010/10/04 22:59】 URL | ケン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://karendoreinikki.blog59.fc2.com/tb.php/287-e04f487a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。