FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top↑

御主人様、寝不足でしょ、大丈夫?

SN11111.jpg


「おはよう」
御主人様が来ました。
なんだか寝不足の顔をしている。
「どうしたんですか、顔がまだ寝ぼけてるみたい」
「ああ、昨日2時までやっとったからな」
「仕事?」
「違う。お前の家の設計だ」

ビックリしました。
夜中の2時まで設計してくれていたなんて。
御主人様の身体を心配してしまう。

「目が真っ赤ですよ。こんなに作ってくれたの?」
「ああ、見てみろ」

バカね。
もう。
そんな時間まで考えてくれていたなんて。
本当にバカなんだから。
奴隷は設計書に目を通す。

「ありがとうございます」
嬉しかった。
もうそれだけで充分だった。
幸せです。


昨日2時まで考えてくれていたのに、また今日も朝から考えてくれている。
二人で考えると色んなパターンができてくる。
仕事の時間ギリギリまで考えて、あやうく遅れそうになりました。
危なかった。 フフフ。


今日の設計では寝室と隣接してウォークインクローゼットがついてました。
寝室にもクローゼットはついているのですが、それとは別のようです。
表向きはウォークインクローゼット、でも実は調教道具を置く部屋なんです。
どうりで6~8畳あると思いました。

「うわ~い♪これいいね!調教部屋もあるなんて、すっごくいい~♪」
奴隷は嬉しくてはしゃいでしまいます。
表向きは全く分からず、収納ドアを全部開ければ調教部屋に早代わり。
寝室だけで最低でも21畳以上はあります。
どんどん部屋が大きくなってきました。
相当な調教道具が入りますね。
御主人様ったら楽しそうにどんな道具を置くか考えてる。


他にも両親が来たときにくつろげる和室も用意してくれて、あとは洋室をもう一部屋作ります。
そこは、子供部屋か御主人様の部屋になるのかもしれないな。


SN3O0027.jpg


設計を考えてると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。
今日だけでも6時間は一緒に考えていたのではないでしょうか。
朝と夕方に二人で考えていました。
今日の夜は御主人様は飲み会だったのでお見送りしました。
でも、ちゃんとその前にたっぷり奴隷の身体を使っていただきお精子を出していただきました。
飲み会の日は必ずそうして奴隷の中にお精子を出してくれます。
そういうのってすごく嬉しいですよね。


「このやろう、かわいいじゃねえか」
そう言いながら奴隷を犯していた。
乳首やオッパイを噛みながら、ギュウギュウ握りつぶしている。
髪を引っ掴み、顔を歪ませ苦しむ奴隷を見ながら、ズコズコ犯している。
身体中に爪を立てて血がにじみ出るほど強く抱きしめる。
この人の愛し方である。

そんな愛され方に奴隷も幸せを感じ、歓喜の声を上げてよがり狂う。
犯されるたびに、お互いの愛を感じる。

幸せな日々。
今日もそんな一日でした。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2010/06/17 09:53 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<あ~ん、シーツがグシャグシャです。 | ホーム | 奴隷の家、決まりました。>>
コメント
カレンさん。

上原ケンさんは確か72才で子作りしました。
主もまだまた大丈夫ですよ。

もしも、主がダメならいつでもお声掛け下さい。
2億匹の子種を直接進呈させて頂きます
何度でも可能ですよ。

よろしくね。
【2010/06/18 22:52】 URL | 東京の丸の内です。 #-[ 編集] | page top↑
カレンさん可愛いっす♪♪♪
マジ可愛いっす(^з^)-☆Chu!!
隠してても笑顔がめちゃ可愛いっす♪

オレが主と似てるとしたら、それはカレンさんを愛してるところだと思うよ
まだまだ主のレベルにはいかないけどオレもオレなりの男道でカレンさんを惚れさせてやるぜ!
待っててくれカレンさん(^O^)
【2010/06/16 21:18】 URL | ケン #-[ 編集] | page top↑
きっちり調教されてて
良い心がけだね。

ブログ楽しみにしてるよ。
【2010/06/16 20:54】 URL | S #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://karendoreinikki.blog59.fc2.com/tb.php/267-0a91ad08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。