FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top↑

御主人様の看病しました

04010002.jpg


〆切りも終わり、ようやく一息つきました。
忙しい中にも御主人様とは変わらず毎日逢っています。
この何日か御主人様は体調を崩されていました。

朝、御主人様がやってきました。
「あれ?どうしたんですか?顔色が....」
血の気の無いような御主人様の顔を見て、奴隷は驚きました。
「昨日の夜から具合悪くてな。うむむ、腰が痛てえ」
吐いては寒気に震えていたり急に熱くなったりと苦しんでいたそうです。
眠っても熟睡できず、身体中が痛いと言っていました。

どさっと、リクライニングチェアに身体を預け、ぐったりしています。
「大丈夫ですか?」
奴隷は心配そうな顔で聞く。
「一晩寝れば大丈夫だと思ったんだが....いつもなら一晩で治せてたんだがな」
あちこち身体が痛むようで顔をしかめています。
私は御主人様の足元に座り、痛みが少しでもやわらぐようにと、身体を優しくさすっていました。
普段、あんなに元気な人がこんなに辛そうにしている。


「あっちの部屋で休みましょう。ベットに横になったほうが楽でしょ」
「ああ、そうだな」
御主人様を支えようと上体を起こそうとした。
「キスしろ」
突然、御主人様が奴隷に言う。
「はい」
奴隷は返事をし、イスに腰掛けている御主人様に顔を近づけ、唇を重ねた。
御主人様の唇が開くとそこに舌を差し込み口の中を舐めていく。
歯も歯茎も口の周りも奴隷は柔らかい舌で舐め回している。
御主人様の舌が伸びてきてお互い舌を絡ませながら、ねっとりと濃いキスを交わした。
自分の舌と御主人様の舌が、別の生き物のように動いて絡みつく。


なんだかドキドキした。
こんなふうに自分から熱いキスをするのは御主人様が初めてではなかろうか。
「おはよう」「行ってきます」「いってらっしゃいませ」などの挨拶代わりの軽いキスはよく自分からしています。
仕事柄、外国の方とよくお会いするので、挨拶の頬への軽いキスは慣れています。
紳士的で、たくさん誉めてくださりお姫様を扱うかのように手の甲に軽くキスをしてくる方もいますね。


そんなふうにキスをされる事はあるのですが、それでも自分からキスをする事はありません。
恋人ともそうでした。 
軽くチュッならいざ知らず、こんなに、ねっとりしたキスを自分からするなんて、今までありませんでした。
御主人様からキスをするよう言われ、恥じらい、胸をドキドキさせながら唇を重ねていました。
こんな事くらいでって思うかもしれないけれど、なんだか自分が淫らになったような感覚を覚えました。

犯されている時は快楽に溺れてあんなに乱れて狂っているのに、不思議ですね。




「少し眠ってください。寝るのが一番ですよ」
御主人様の着替えを手伝い、ベットに横になってもらった。
「来い」 御主人様が奴隷を呼ぶ。
「はい」 私は広げてある右腕の中に包まれ、御主人様に寄り添う。
「もっと暖めんか。身体全部で暖めろ」
隙間のないようにピッタリくっ付いて自分の体温を御主人様に伝えた。
オッパイもオメコも御主人様に触れるように身体を重ねる。
「おお、暖かいぞ。いい気持ちだ」
奴隷は密着しながら片手でオチンポ様をマッサージする。
御主人様が具合が悪い時は、いつもオチンポ様をマッサージします。
ここをマッサージすると、身体全体が暖かくなるんです。
「疲れがとれるぞ」 そう言って頭を撫でてくれました。
もちろん、口でもご奉仕します。
口で奉仕しながら、両足をもみほぐしているの。
身体の疲れがとれて気持ちよくて、御主人様そのまま寝ちゃう事も多いです。

オメコでもご奉仕しました。
御主人様はベットで寝たまま、両足を開いているの。
その上で奴隷はオメコに挿入し、上下に動かしていく。
御主人様の痛む腰に負担がかからないように、オチンポを出し入れして気持ちよくさせるのです。
でもね、そのうちに奴隷の方が気持ちよくなりすぎて、ガマンできずに激しく腰を振ってしまう時もあります。
「あんっあんっ。イイ~御主人様いいの~。ああ~ん」
ガンガンお尻を揺さぶってると、御主人様が一喝。
「こらっ!腰が痛てえだろうがっ」
「あっ!ごめんなさ~い。つい気持ちよくて。ああん」
「アホかっ!お前がもっと悪くしてどうすんだ。まったくこの奴隷は」
時々、怒られています。
だってね、ゆっくり動かしていてもすごく気持ちいいんだもん。
もっと欲しくて、ついつい、腰の動きが激しくなってしまってしまいました.....すいません。

どうにか御主人様が動かずにお精子を出していただきました。
良かった良かった。 これで悪い毒素も出たかな。
良くなるといいな。
これが奴隷の看病の方法です。
すごく効き目あるんですよ。


そのまま二人で眠りました。
週末もゆっくりしましょうね御主人様。
でも御主人様ったら、すぐ手を出してくるんだから。
ゆっくりなんてできないかもね。
うふん。無理しちゃダメですよ。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2010/04/02 17:47 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<奴隷が御主人様から逃げた | ホーム | 潮吹きとオシッコでびしょ濡れです>>
コメント
ううう~(°д°;)
オレも具合悪いっす
死にそうっす
カレンさん看病待ってます(*^-')b
オレも看病されてえよ↑↑↑


主よ
後のことはオレに任せてくれ
カレンさんはオレが大切にする!!
隠居する時には連絡求む(*^-')b
【2010/04/02 22:30】 URL | ケン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://karendoreinikki.blog59.fc2.com/tb.php/251-95094eb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。