FC2ブログ

ボロボロになるまで犯された

090903_1754~01

ただいま~。
ゆっくりした時間ももう終わってしまいました。
今回の旅行は、すごかったです。
なにがすごいって。
御主人様の性欲。
あれは人間じゃないね。 うふふ。
奴隷はほとんど眠れず、お肌ボロボロになってました。

PIC_0492.jpg

朝、目覚めるとすぐご奉仕し、オメコに入れる。
昼も夜も、ホテルにいる時間はずっと奴隷を犯して遊ぶ。
普段11時には寝てしまう奴隷が夜中の2時まで犯されている。
倒れるように眠ります。
でもそれだけじゃないんです。
御主人様は奴隷が寝てからもまだ起きているんです。
普段も3~4時まで映画観たりしています。
映画一本観終わり、そろそろ寝るかと思ったら、倒れて寝ている奴隷のオメコに指を突っ込んで遊びだす。
奴隷はクークー寝ているんだけど、全くお構いなしに突っ込んでいる。
「寝てても濡れやがって。フハハハ。いやらしい身体だ」
などどニヤけながら、ヌルヌルのオメコを弄ってるらしいです。
そのうち奴隷の脚を広げて、ズコズコ犯し始めるのです。
寝ていた奴隷も快感で、「アフ~ン、イイ~、アアア~」 目をつむったまま喘ぎだしてしまうの。
奴隷は力の無い人形のようにユサユサと、御主人様の動きで揺れる。
満足するまで犯し、精子を放出して御主人様は眠りにつきます。
放出された精子をオメコで味わいながら、奴隷もまた倒れるように眠りにつきました。
これが毎日です。

PIC_0485.jpg

「お前だけだ。俺の性欲についてこれるのは」
還暦でも毎日犯してる御主人様。
若い時から女を犯して犯して犯しまくる日々。
その上、力も半端じゃなく強かったから、興奮すると叩いたり握り潰したり殴ったりと女を乱暴に扱う。
しまいには、どの女も「....もう....やめて....」 「....優しくして....」 と懇願するのです。
「チッ!使えねえ奴だ」 と御主人様はその女を捨てる。
昔いた奴隷さんには、殴る蹴る、血が流れても、骨が折れて入院してもお構いなし。
他人にも好きなだけ使わせ、最後は泣きすがる女を知り合いの男にあげた。
どうなったのかな。その人。


「お前も強いよな」
「ん?なに?」
「俺について来れる性欲と、使いまくってボロボロになってもすぐ治るオメコ。それと感じやすいこの身体。お前だけだぞ」
「そうですか。普通かと思ってました。」
「何言っとるか。お前は毎日犯されんと狂うだろうが。 さすが俺のオメコを持って生まれただけの事はあるな。グハハハ」
「うふふふ」
「これから一生、俺の性欲を満足させるんだぞ。お前の役目だ」
「はい♪」

胃液や精子でドロドロになった顔で嬉しそうに奴隷が笑う。
そのドロドロの顔を御主人様が舐め回した。
やっぱり私達は似てる。
うふふ。
なんかすごく幸せ。

スポンサーサイト
[PR]

2009/09/08 12:26 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<私、ダッチワイフに似てるの? | ホーム | また奴隷は連れて行かれちゃいました>>
コメント
ボロボロになるまで犯されたんすね↑↑
相変わらず愛されてるな~♪
オレは主の気持ちがよくわかるよ
男は女を使い分けるんだよね
言葉は悪いかもだけど、マジに大事にしたい女と遊びの女は違うんだ
扱いが全く違うんだよ
主がカレンさんを毎日抱くのは、それほど大事にしてる女という証拠
それと、魅力的でそそる女なんだよ♪♪
これだけ大事にされてる奴隷はいないよね↑↑
それはカレンさんだからだよ
二人の本気度がわかるよね
オレもカレンさんに本気だよ♪♪
【2009/09/10 20:11】 URL | ケン #-[ 編集] | page top↑
カレンさん。

お疲れ様でした???
四六時中のオマ○コライフですね。

ある意味人間離れしている主orカレンさん尋常ではありません。やっぱりカレンさんのアソコが凄くいいのかな。
どんなのだろう。

俗にいうミミズ千匹・俵締め・巾着・タコツボ・カズノコ天井とか、、、
でも何か、いつも幸せいっぱいで楽しそうなカレンさんの笑顔がいいですね。

タイトルとは違うようなので、
新タイトル「普通の幸せ以上の幸せ者。カレン」かな。

いつも天真爛漫な素敵なカレンさん大好きですね(^o^)/
【2009/09/08 23:19】 URL | 東京の立川です。 #NLUE0dWE[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://karendoreinikki.blog59.fc2.com/tb.php/193-a0c65bdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |