FC2ブログ

もし、御主人様が多頭使いだったら



もし、御主人様が多頭使いだったら....。
もし、他にも奴隷を作ったら....。
きっと、私もダメになっちゃうだろうなと思います。

前から御主人様には言ってありました。
他に好きな方ができたら、私は消えます、と。
御主人様は、昔は色んな女を食い散らかしてきたけれど、今は違います。
私が奴隷になる直前まで、相当遊び歩いていた。
でも今は違う。
「お前を奴隷にしてから、全く他の女を抱かなくなったな」
御主人様も自負しています。
三年経っても、変わらずそういてくれる。
それがどんなに嬉しい事か、女性だったら分かりますよね。

PIC_0018.jpg

その御主人様が他に奴隷を飼ったとしたら....。
何故なんだろう、どうしてなんだろう、と思い悩みます。

「他に奴隷を飼うのなら私を捨ててください」
そう言って、身を引くでしょう。
これは奴隷になる時に、私は心の中でいつも覚悟している事なんです。


私ではダメだった、私には足りなかった部分がその人にはあったのだろう。
だからこそ御主人様も、その人を側に置くのだろう。
私はそう思っている。
この三年間、私達はお互いの事を見せ合っている。
色んな事を話し、お互いの性格も理解している。
主従関係も信頼の上で成り立っていると、いつも言ってくれている。
「約束は絶対守らんといかん。どんな事があってもな。それが男だ」
日々の生活でも御主人様は必ず約束を守ってきている。
それは家族にも、仕事にも、奴隷にも、そうしてくれている。
「約束は守る!」
「吐いた唾は飲めない」
御主人様の生き方です。
だから。
この人は簡単にそういう事をしないと分かっているから。
その人がそうしたのなら、そうしたかったからだと思っています。

PIC_0026.jpg

私は多頭には向いていません。
割りきることもできず、ずっとずっと泣いて暮らしているでしょう。
そのうち、涙が枯れて、御主人様に心を開くのをやめてしまうでしょう。
信頼がなくなり、心も閉ざしてしまったら、主従といえるのでしょうか。
私は「愛」 がなければ生きていけません。
それは御主人様も知っています。


御主人様は去る者は追いません。
それは私もよく知っています。
だから、私にも 「離れるんじゃねえぞ。ちゃんと俺にくっついてろ」
と、よく言ってくれます。
私もしっかり御主人様に抱きついています。

だから、もしそうなったら....
その人の立場だったら....
辛くて辛くて、心が痛くて....。
でも、その人には何もしてあげられなくて....。

ただ見守っているしか、できません。
それしか私には、できないのです。
でも見守っています。
貴女を....。



スポンサーサイト
[PR]

2009/09/15 12:05 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<性処理奴隷カレンの出動だ~♪ | ホーム | 自分を出すって楽しいですよ>>
コメント
タイトル : 男気(年の功?)

カレンさんは、う~ん。

主は素晴らしい飼い主でいいですね。

しかし、主も1人の人間です。

思い悩み考える事もあるはずです。

そんな時はカレンさんが心の支えになるようにしてあげて下さいね。



我ながらいいコメントです。

【2009/09/16 00:22】 URL | 東京の立川です。 #NLUE0dWE[ 編集] | page top↑
私の主(一応)は、SMをする間柄は、契約を交わす間柄であると言います。

私は過去に、性愛と愛情の区別がつかなくなり、ひどい別れ方をしたことがあるので、その意味がとてもよくわかります。

いろいろな事象、シーン、立場を一人の方と共にできるというのは、一見簡単そうに見えて、実は一握りの人にしか実現しえないことであると、私は思っています。そして、カレンさんカップルは、それができるセレブリティ同士(恵まれた者、という意味のです)だと感じます。

とはいえ、様々な不都合やご苦労が、今も、これから先も、おありになるかもしれませんよね。

ですが、あなたの主様はとてもお強く頼もしい方とお見受けします(前のエントリーで「感謝などいらない…」のくだり、僭越ですが軟弱な甘ちゃん男には発想すらできないと思います)

口を動かすだけの言葉ではない行為、実際において、あなたを幸せにし、お互いによい関係を築いていらっしゃいますね。


ブログを閲覧するだけの第三者の私にも、「素敵なご関係ですね!」と、ただ伝えたくなってしまう、お二人です。

長文失礼しました*
これからも応援させてくださいね♪
【2009/09/15 13:11】 URL | *Akeyla* #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://karendoreinikki.blog59.fc2.com/tb.php/191-4ff38ce0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |