FC2ブログ

文句いう御主人様

20111116.jpg


白くま君。
ちょっと聞いてよ。
御主人様が文句言うの。


この前の「女優さんですか?」に載せている奴隷の写真がダメだって言うんです。
「あの写真はダメだな。あれじゃせっかくのお前のイイトコロが分からん。あんなんじゃ、ちょっとキレイなお姉さんくらいしか見えん。お前はもっとイイ女なんだ。」


そんな事言われてもね~。
「まあまあ、いいじゃないですか。私、そんなに上手にモザイクするテクニックないもの。これでいいですよ」
奴隷はそう言うのだが、御主人様は不満そうです。


「せっかくのイイ女が......お前はもっとイイ顔してるぞ」
次の日になってもブツブツ言っている。
しょうがないですよね、これも私なんだから。ねっ


どれだけ美女だっていうのですか(^^)
冷静に自分を見ても、気になる箇所はありますからね。
もう少しのっぺりした顔になりたいな。
凹凸ないほうが童顔で可愛いような気がするの。
それでも好きな人から誉めてもらえるのは嬉しいことですね。


今日もまた言ってます。
もういいじゃないですか。
やれやれ。


白くま君、何とかしてください。


201111ズーラシア12


横顔って楽チン♪


この写真の時、御主人様はよくお尻触ってたっけ。
「ふむ、いいケツだ」
プリンとしたお尻を撫でながら言っていました。
撫でたくなる服なのかな。



昨日はパソコンで奴隷の写真をスライドショーにしながら見ていました。
膨大な奴隷の写真を見ながら、奴隷にご奉仕させています。
刺激的な写真は少ないと思います。
「この顔も可愛いじゃねえか。いい顔しとる」
それを満足気な顔で眺め、オチンポを起たせる御主人様。


ご奉仕している奴隷は何だか変な感じです。
自分の写真で御主人様がオチンポを起たせるんですから。
お口の中でオチンポ様が固く反り返っていくのが分かります。
「やっぱり、俺はお前に惚れてるんだな。写真見るだけでオナニーできるぞ」
そういう御主人様に奴隷は
「ここに生の奴隷がいますからね。分かってますか?」
「フハハハ。それがまたいいんじゃねえか。お前を見ながらお前にしゃぶらせてんだからな」

よく分からないけどオチンポ様が元気なのでいいのかな。
「光栄だろ。他の女とかAVみてるわけじゃねえんだ。お前の写真でヌケルんだからな」
そういって、その場に奴隷を押し倒し、いきり立ったオチンポ様をオメコに突っ込んだ。


20111115.jpg


夜はボジョレーを買って二人で乾杯。
御主人様、生ハムが好きなので、大皿たっぷり作った生ハムサラダをほとんど一人で食べちゃった。
私はピザやケーキと一緒にワインを頂きました。
御主人様、ケーキを1ホール買ってくれたので、一日じゃ食べきれません。
残りは明日にしましょ(^^)


ワインを飲み終え、カクテルを飲みながら、ベットルームに移動します。
寄り添って映画を観ているうちに、いつしか抱き合っていました。
でもね、酔っているので途中で萎えてしまいます。
頭では犯したいと思っているのに、身体がいう事を聞かないようです。
「抱き合ってるだけで幸せです」
奴隷がそう言っても
「俺は抱きてえんだ。くっそ~」
それでも奴隷を抱こうとします。
「このままで幸せです。こんなに御主人様を感じます」
奴隷は御主人様に抱きつき、キスをしました。
肌を密着させ、お互いを感じながら、そのまま眠りにつきました。


次の日。
前夜のぶんも御主人様に犯されていました。


抱き合っているのも幸せ。
犯されるのも幸せ。
この人を感じているのが私の幸せなんだと思いました。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2011/11/25 15:29 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

「女優さんですか?」

201111横須賀05


横須賀です。
ここは御主人様にとって特別の地。
以前、ここで書かせていただきましたが、御主人様が出生された場所です。


201111横須賀02


御主人様が住んでいた場所へ行ってみました。
3年前にも行ったことがあるのですが、今回訪ねてみてビックリ。
がらりと様変わりしています。
すっかり住宅地になっていました。
竹林があったはずの場所に立派な家が建ち並びます。
車を停めて、その近辺を歩いてみました。
「ここは、こうなっててな。そこもこんなだったんだ」
当時を語ってくれる御主人様は少し淋しそうでした。


「そうだ!美味い寿司屋があってな。お前をそこに連れて行ってやろうと思ってたんだぞ。行ってみよう」
車を走らせ、その場所に向かいますが、その場所も再開発されていて、全く昔の面影がありません。
もう、そのお寿司屋さんもありませんでした。


時代の流れを感じました。


「時が経つのは本当に早いものだ。あっという間に時が過ぎていく。これからもっとそれを感じるだろう。いいか、お前もやりたい事をやらんと、すぐババアになっちまうぞ。自分のやりたいように生きなきゃいかん」
年をとればとるほど時間の過ぎるのが早く感じるのだそうです。


奴隷は言いました。
「はい。だからここにいるんですよ。御主人様のそばで生きていたいから。私は毎日幸せです。だから、おばあちゃんになってもいいですよ。ずっと御主人様のそばにいますからね」


「そうだ。お前はずっと俺と一緒にいるんだ」
そう言って、奴隷の肩を引き寄せ、また歩き出す。


201111どぶ板通01


どぶ板通りに行ってみました。
軍アイテムがずらりと並び、海軍カレーやネイビーバーガーが人気で、スカジャンの発祥地でもあります。
キムタクが来店していた写真などもあり、行列ができています。
ボディアートのお店もありました。

御主人様と腕を組みながら、通りをプラプラ散歩しました。


201111どぶ板通02


「女優さんですか?」
30歳くらいの女性が奴隷に尋ねます。
「いえいえ、全然違います」
初対面の方にそういわれて、奴隷は慌てて否定します。
そう言う奴隷の顔を何度も見直し「キレイですね」と言ってくれる。
男性に言われてもそうなりませんが、女性に言われるとなんだか照れてしまいます。


御主人様は大笑いしていました。
「女優か。そりゃいい。キレイな女優さん、どうぞ」
車を降りるときもそう言って、奴隷をからかいます。
「もう~何言ってるんですか。やめてください~」
何かあるとすぐ、女優さんって言って、からかうんだから(^^)やめてね。

201111横須賀09




2011/11/18 14:37 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

ズーラシアでデート。

201111ズーラシア07

ズーラシアに来ました。
私、動物園とか水族館とか、ものすごく好きなの♪


201111ズーラシア02

クリスマスの飾りもあって入り口もカワイイです。
さあ、行きましょ御主人様。
御主人様に腕を絡ませ、ゲートをくぐる。
マップを片手に、歩き出す。


201111ズーラシア03

お!ゾウだ~。
水浴びの最中で顔を丸ごと水中に潜らせています。
「顔出してきたところを写真に撮りたいね」
奴隷のお願いに御主人様がカメラを構えます。
あ!出てきた~。
パシャッ!
ちょうど水面から顔を上げ、鼻から水を吹き出す姿を撮ることに成功。
「いい~っ♪すごいじゃないですか~ベストショットだね~♪」
御主人様も満足気な顔でニッコリ笑います。

201111ズーラシア05


木のツルを握ってターザンの真似をしてみました。
「ジャングルだ~♪あ~あ~あ~~~」
でも足元が池だったので、落っこちないように恐る恐るでしたけどね。

疲れたらベンチに座ってアイスクリームを食べます。
「はい、美味しいよ。さっぱりしてます」
御主人様にも、おすそわけです。
御主人様はあまり冷たいものは食べません。
お腹が痛くなるんだって。
私も大好きなんだけど、食べ過ぎるとお腹壊れちゃいます。
女は冷やしちゃいけないっていうしね。
アイスは半分こがちょうどいいのかもね。


つい先日も、風邪で病み上がりの次の日に栄養つけようと焼肉やアイスをたくさん食べたら、夜、胃が痛くて胃薬買ってきて飲みました。
胃を休ませてあげなきゃいけなかったのねと反省してました。
いつものように大食いした後、最後に食べたアイスで胃がビックリしちゃったのね。

もしくは、その日は生理二日目なのに御主人様に犯されていたから身体に良くなかったのかな。
ベットシーツを赤く染めながら、御主人様の性処理をしておりました。
本当は御主人様は血が苦手なんだけど、一緒にいるとどうしてもやりたくなるのだそうです。
「うっっ!見ちまった」
「うふん?ほんと、真っ赤ですね」
オチンポ様まで真っ赤に染まっています。
女は慣れてるけど、男は血を見ちゃうとね~、ダメよね。
一瞬、オチンポ様が萎えますが、それでも最後までやりぬき、お精子を放出させます。

そして、二人でそ~っとベットから起き上がり、汚さないように急いでシャワーを浴びにいくのです。
いつものようにボディソープで奴隷がオチンポ様をきれいに洗います。
シャワーで流す泡が赤くなってるのを見て二人で笑いました。
「だから、やったらイカンと言っただろ」
やりたくなったのは奴隷のせいだと言わんばかりです。
もう~自分でしょ(^^)
ここが御主人様のカワイイところですね。


次の日の一日はガマンして、お口でご奉仕だけにしました。
でもその次の日は結局、またシーツを赤くしながら犯してるんです。
「またやっちまった。だから一週間はイカンと言ってるだろ。困った奴だ」
そんな言い訳している御主人様がかわいくて、チュッとキスをしてしまう奴隷でした。
うふふ。




2011/11/16 14:42 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

奴隷カレン、お仕事中です。



今、お仕事中です。
皇居の周りをたくさんの人が走っています。
がんばってくださいね。



2011111403.jpg

ちょっと一休み。
お店の中を覗いている。
甘いの食べたいな。
あんこが食べたい。
ケーキより和菓子の方が好きです。
時々、無性に練り切りが欲しくなってしまうの。
幼少期からお茶の時間は和菓子を頂く機会が多かったせいかもしれませんね。


2011111402.jpg

さて、またお仕事しますか。
では、行って参りま~す。

お仕事終わったら、御主人様に抱きついて眠りましょ。
うふふ。
頑張りま~す♪



2011/11/14 16:07 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム |