FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top↑

「おかえりなさい」の温かさ

御主人様の好きな服

御主人様の好きな洋服です。
「お前のウエストがキュッと締まってるのがよく分かっていいな、それ」
「ありがとうございます」
ウフフ。
この人、くびれが好きなんです。
女性らしいキレイなラインを好みます。



私が着る服で気に入ったものがあると「これいいじゃねえか~」と何度も誉めてくれます。
「この服は太って見えるからダメだ。似合わん」  逆もキッパリ言われます。
ダボッとして見える服は好きではないようです。
チュニックなんてすぐ却下される。
「そうですか? 身体のラインが隠れるし楽チンなんですよ」
「だからダメなんだ。お前の身体のラインが見えんだろ」


ピタッとしたタイトスカートの時には、一日何度もお尻を撫でています。
その度に「あんっ、いや~ん、もっと触ってくださ~い」 奴隷は喜んでお尻を突き出す。
すると 「お前がケツ突き出さんでいい。俺が勝手に触るのがいいんだ」
変なの。 ウフフ。

御主人様がスカートの中に手を入れて、スットキングの上から割れ目をなぞる。
「なんだこりゃ、湿ってるじゃねえか、グハハハ」
「あ~ん、お尻だけじゃイヤ~ん。ココもさわって欲しくて濡れてきちゃいました」
「ガハハ。そんなに欲しかったか。クンクン。メス汁の匂いがしとるのぉ」
奴隷はガマンできずに足元にひざまづき、御主人様の股間にスリスリ頬ずりしている。
「欲しいか」
「はい、欲しいです。御主人様のオチンポが欲しいです」
発情したメス豚の顔で御主人様にお願いした。
「しゃぶれ」
そしてまた、ご奉仕させていただいた。


SN3O0001.jpg


3日間逢えない時があった。
朝起きても御主人様はいない。
夜寝るときも御主人様はいない。


一日に何回か御主人様が電話をかけてくれる。
声をきくだけで私は元気になった。
心だけが淋しいのではなかった。
身体も淋しがっている。


犯されない身体は一人の時でも発情してしまう。
ウズウズしてどうしようなくなる時がある。
その時は、クリトリスだけのオナニーでなんとか身体を静めるが、30分もするとまたすぐしたくなる。
一日に何回していたのだろう。
仕事の合間をぬってオナニーばかりしていた。
何度イッテも物足りない。
御主人様を求めて身体が疼く。


好きな人と離れているのはなんて淋しいものなんだろう。
毎日一緒にいただけに、その淋しさといったら、相当なものです。


だから逢えたときは嬉しさで、御主人様に抱きついて喜んでいます。
「....淋しかった....淋しかったの.....おかえりなさい御主人様」
御主人様の大きな身体にコアラのように抱きついて、御主人様の温もりを感じている。
嬉しそうな顔で御主人様にくっついている。


やっぱり御主人様がいないとダメなんですね。



「おかえりなさい」

すごく温かい言葉。

「おかえりなさい」

その言葉が好きです。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2010/09/24 17:17 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

鴨川のデート

鴨川3


ここは鴨川です。
いわずとしれた京都府民にとっての憩いの場所です。
今日は御主人様と鴨川散歩を楽しんでいます。


鴨川2


納涼床です。
二条大橋から五条大橋にかけての鴨川西岸の料理店では、5月から9月にかけて河原に張り出した木組みの床が設けられます。
鴨川西岸に並ぶ約90軒の店が、納涼床を組んで営業します。
川のせせらぎを間近に堪能しながら、食事ができる京の夏の風物詩です。
9月末まで納涼床を楽しめます。


鴨川4

「たまには、こうやって外でのんびり過ごすのもいいもんだな」
御主人様が言います。
「そうですね、風が気持ちいいですね」
手を繋ぎながら川辺を歩いていきます。
お互いの指と指と絡め、しっかりと握り合う。
いつも手を繋ぐ時はこうしています。
こうして指を絡めあう手つなぎには、お互いが決して離れないようにするためだと何かで読んだ事ある。
普通に手を重ねる繋ぎ方ではすぐ手が離れてしまう時でも、この指を絡めた繋ぎ方なら離れないと。

初めて二人が手を繋いだ時、私は無意識にこの繋ぎ方で手を繋いでいた。
御主人様は驚いていたらしい。
こういう繋ぎ方は初めてだったのだ。
まず、今まで女と手を繋ぐという事をしなかったし、ましてこんな風に指を重ねて手を繋ぐなんて。
女から腕を絡ませてくるか、肩を抱きながら歩くか、あまり好きでもない女は隣にも寄せず、自分が歩いている後ろを女が着いてくるというものだった。

「このほうが一緒にいるって感じられるもの」
そう言って私は手を繋いだ。
それから、私達はずっと指を重ねて手を繋ぐようになりました。


鴨川


川岸は繁華街から近いこともあり、週末の昼下がりから夜にかけては多くの人がたたずむ。
しかしどれだけ人が増えてもカップルやグループの間隔が等間隔であるといわれる事から、この現象は「鴨川等間隔の法則」と呼ばれる事がある。
また、この区間で男女カップルがキスをすること「鴨チュー」(かもちゅー=鴨川でチュー、の意)と呼ばれる事がある(両方とも若者が好んで使う言葉とも言われ、年配者などには通じないとも言われている。
 
< Wikipedia から引用してきました。私が説明するより分かり易いでしょ(^^)>


この日もたくさんのカップルが鴨川に来ていました。
すぐ側で、ストリートミュージシャンが演奏しています。
夜になってもまだまだ賑わっていました。


鴨川5

奴隷として生きて、もうすぐ5年目になります。
奴隷として御主人様の側にこんなに近くにいられるなんて、本当に幸せだと感じています。
でもね、どんなに幸せでも不安は決してなくならないんです。

きっと、どんな奴隷さんでも不安は必ずあると思います。
役に立たない自分の力の無さや、自分が存在する事で御主人様の環境にどれだけ悪影響をもたらしているのか、足かせになっていないかなど、色んな事を考えて一人で泣いたりしているはずです。

私は強い人間ではありません。一人では押しつぶされてしまう弱い生き物です。
でもね、一人じゃないって分かった時の自分は、とてつもなく強くなれるんです。
あんなに心が折れそうになっていたのに、不思議です、それがたいした事じゃないと思えてくるの。

御主人様の言葉って魔法の呪文みたいに、心が軽くなっていく。
ただの言葉だけではない、御主人様の行動力が私を安心させてくれるからかも知れません。

この人は、すごく強い人だなって感じます。
私もそんなふうに強くなりたい、そう思っているのに、なかなか強く生きられません。

それでも少しでも長く御主人様と一緒にいたい。
少しでも私が役立つならお側に置いて欲しい。
もしも一緒に歩けるのなら、少しでもいいから御主人様の足元を照らして歩いていきたい。
そして引くことも時には愛なのだと。

いつも、そう思って生きています。


どんな5年目を迎えるのでしょうね。
きっと、あまり変わらないような気がします。

好きな人につていく。

それだけです。
それが幸せなんです。





2010/09/20 20:53 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

3連休中の奴隷の生活

oomiya2.jpg

ここは大宮駅です。

米カリフォルニア州のシュワルツェネッガー知事が同州に建設する高速鉄道計画のため、東京-大宮間を1往復試乗されました。
63才、身長188センチととても大きな方です。
年も身長も御主人様とよく似ていて、すごく親近感を感じてしまいました。
体重は20キロくらい御主人様の方が少ないかな。
二人とも還暦過ぎてるとは思えないくらい、若々しく元気があります。
今もなお現役で仕事をしているからなのでしょうか。
精気がみなぎっています。


私も大宮に来るのは初めてです。
仕事でこうして色んな場所に行ける時があるので、いつもワクワクしてしまいます。

今回は残念ながらあまり遠くには行けませんでしたが、少しだけエキナカを眺めて楽しみました。


oomiya3.jpg


駅の出口に、ポニーがいました。
何かのPRで来ていたんでしょうね。
「あ!ポニーだ♪」
携帯でパシャリ。
可愛かったです。

ほんの少しの時間でしたが楽しかったです。


そうそう、外国の方との会話で思い出しました。
御主人様はハーフなので、顔は外人なのですが、英語が話せません。
それが二人の出逢いの始まりだったのですが、それはさておき。

昔、御主人様が20代終わりの頃、その当時、御主人様は無職で公園や橋の下で寝ていた時の話です。
汚れたTシャツとズボン姿、手には大きなバック一つ持ったまま、公園で過ごしていました。
事業に失敗して、借金もあり、追われていたのです。
仕事をしていなかったので、時間だけはたっぷりあります。
「世の中のエリートがどれだけのもんか、見せてもらおう」
御主人様は本屋に行き、英会話の本を読みます。
ほんの一言、二言、英文を覚えて、なけなしのお金で電車に乗り、虎ノ門まで行きました。
そして、ビルから出てくるエリートと思われる人に声を掛けて行きます。
「この辺で一番安いホテルはどこですか?」
もちろんさっき覚えた英語で話しかけるのです。

何人もの人達に声を掛けました。
どれくらいの人が質問に答えたと思いますか。
なんとたった一人です。
他の人は御主人様の簡単な問いにしどろもどろになり、答えられずにいるのです。
一流大学を出て、エリートと呼ばれる職業についている人達がこの有様です。
御主人様はエリートを試したのです。

無職でプラプラしていた御主人様はそこからまた這い上がりました。
そして今に至ります。

この話を聞いた時、私は思いました。
この人、なんて面白いのだろう♪
こんな事考えもしないし、もしそう思っても普通やらないだろうに。
この人、自分に正直な人なんだね。
そして、この人の行動力に驚かされました。

「バカね、もう。ウフフフ」
笑って御主人様を見ます。
「でもな、その答えた一人がすげえ英語がペラペラでよ。焦っちまったよ。ガハハハ」
「クスクス。焦った顔が目に浮かびます」

そんな出来事を思い出しました。



oomiya1


3連休ですね。
3連休は逢えないかな、と少し淋しく思っていましたが、昨日も今日も御主人様は来てくれました。

昨日は、朝からご奉仕していました。
イスに腰掛けている御主人様の足元にひざまづき、しゃぶっています。
御主人様がしたくなると床に押し倒され、犯されます。
その日、朝一番のご奉仕は口に出してもらいました。
ゴックンと美味しそうに精子を飲み込み、汚れたオチンポを舐めてキレイにし、御主人様は仕事に出掛けました。


その日の夕方から奴隷は女のコの日になってしまいました。
良かった。生理になる前に使ってもらえた。
いつものように御主人様にちゃんと報告しておきました。
生理二日目の今日、奴隷は朝いつものように起き、洗濯、掃除などをしてからまた少し眠っていました。
二日目ってお腹がズキズキ痛いんです。
昼過ぎまで寝ていると、御主人様から電話がきます。
「今から行くぞ」
「ふぁあ~い」
「なんだ、寝てたのか」
「はい、二度寝してました」
「グハハハ。寝とったか。起きろ」
「は~い」

奴隷は起きて、お湯を沸かします。
「ただいま」
「は~い、おかえりなさい」
コーヒーを入れて御主人様にお出しします。

「どうだ、出血の具合は」
「う~ん、そうでもないです。力をいれなければ出ないと思います」
「フハハハ」
御主人様が奴隷を見ながら笑います。
「お前はいつもそう言うとる。全然出てませんとかまだ大丈夫イケルとか言うて、生理でも犯してもらおうとするのお。お前の答えはすぐ分かる」
「ほんとうに全然大丈夫です。ほとんど血なんか出てません。フフフ」
「あほか。二日目だろうが」
「え~大丈夫ですよ~。使えますよ~。使ってください~」
「ガハハハ。しょうがねえ奴隷だ。やりたくてガマンできねえんだからな」
「はい。ウフフフ」

ベットルームに行き、二人で寄り添いながらテレビを見ていました。
いつもベットではピッタリお互いの身体を密着させながら、くっついています。
御主人様に奴隷が抱きついて、腕や脚をからませているという感じです。
「もっとくっついとけ」
苦しくないかな、私の身体熱くないかな、と遠慮がちに少し離していると、そういって引き寄せてくれます。

いつものようにオチンポ様をもみもみマッサージしていると、ご奉仕しろと命令が出ます。
オチンポ様を咥えて一生懸命しゃぶっている奴隷の乳首を引っ張ったり、ひねり潰したりしながら、御主人様はなんとも気持ち良さそうに寛いでいます。


御主人様がやりたくなったようです。
突然、ガバッと起きて、奴隷の下着を脱がそうとします。
「...あっ....」
奴隷は戸惑った顔で御主人様を見ます。
「大丈夫なんだろ」
「...はい...」
御主人様の目つきがキツくなっています。
お前は俺のものだという、逆らえない目つきで奴隷を見ます。

この人に抱かれる時、いつも感じるこの幸福感。
この人に犯される、支配される、この人の愛情を感じる、この時がたまらなく好き。
抱かれるたびに、この人への愛情が増していく。
好きな人に抱かれるってなんて幸せなんだろう。


この人の欲求を私が全て受け止めたい。
いつもそう思っています。



奴隷は御主人様に犯されました。
シーツは血だらけです。
終わった後、二人でお風呂に駆け込みました。
血だらけのオチンポ様を洗いながら、思わず笑ってしまいます。
「ウフフフ。また血だらけになっちゃいましたね」
「長時間はできんな。途中で血だらけになってんの見ちまったからな」
「アハハハ。御主人様、本当は血が苦手なのにね」
「それでも、やりたくなっちまうんだよ、この身体は」
奴隷のおっぱいに噛みつく。
「あ~ん、私も。ウフフフ」
「いい女をメス豚に持つとすぐやりたくなって困るのお。ガッハッハッハ」


連休中も奴隷は御主人様に使われるのでした。
もっと楽しみましょうね。
ウフフフ。



2010/09/19 17:49 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

犯されながら目覚める快感




先週までずっと東京・横浜に行っておりました。
この週末に戻ってきたのですが、週末は御主人様とゴルフに出掛けていたので、なかなかブログを更新できませんでした。

今回は違うホテルに泊まってみようと、新しくできたオータニ・インに泊まりました。
いつもとは違う角度から見た夜景は新鮮で良かったです。
私はベットに寝転がりながらキレイな夜景を見て楽しんでいました。
でも部屋が30m2だったので御主人様には狭いと感じたみたいです。
身体が大きいと窮屈に思えるんですね。
パンパシやロイヤルパークなどと部屋の雰囲気も違い、若い人向けのシティホテルといったところでしょうか。
サービスも簡素化されていて荷物なども自分で部屋に持って行くんです。
カードキーでエレベーターが動き、外部の人間は入れないようにしてあります。
高い層は電波があまり良くなくて、仕事の電話をしていた御主人様は苦労していました。
なのでここは一日で終わり、いつものホテルに泊まることにしました。
御主人様には合わなかったみたいです。


karenyokoha.jpg

1週間滞在していました。
奴隷もこちらで打ち合わせなど仕事をこなします。
そして御主人様の行く所にいつでもどこでも奴隷は一緒について行きました。
3日間仕事をいれて、あとは仕事をいれず休暇にし、二人で楽しみます。

カラオケも3回も行きました。
その日によってお店を変えながらカラオケの点数を競い合います。
よく奴隷と聞いていた西野カナの「逢いたくて」を御主人様が歌ったんですよ。
裏声を使って「逢いたくて逢いたくて震え~る....」 なんて歌ってるんです。
「アハハハッ♪すごいね~ちゃんと歌えてるよ~すっごい~」
奴隷はお返しに、坂本冬美の「また君に恋してる」を歌いました。
この歌はもともとビリーバンバンさんが歌っていたので、御主人様の年代でも有名な曲です。
どの世代の人にも歌いやすいテンポの曲で、だれもが耳にしたことのある曲。
いい歌は世代を超えても残っていくんだなと思いました。
それと同時にCMやドラマなどのメディアの影響の大きさを改めて感じ取れます。


SN3O0017.jpg


この滞在期間中、毎日、御主人様に犯されていました。
朝一回して、夜中にまた犯しています。
夜中の3~4時に寝ている奴隷を犯し始めるんです。
うふふ。
すごいでしょ。
本当に御主人様はタフですよね。
還暦過ぎても、こんなに毎日する人いるのかな?
「お前とは毎日やっても飽きねえな。お前はほんとに抱き心地がいいぞ。犯しがいのある身体だな」
大きな御主人様が奴隷の身体をギュ~ッと力強く抱きしめ、奴隷の身体に噛み付く。
「ああ~ん、噛んで...もっと噛んで。あ~あ~いい~っ」
噛まれるたびに身体をのけ反らせ、オメコをひくひくさせながら感じてしまいます。


こうして毎日、御主人様の性処理をさせていただきました。
仕事で疲れた御主人様をマッサージしてるとそのまま御主人様は眠ってしまいます。
寝ている間に少しでも疲れがとれるようにと、奴隷は一時間以上マッサージを続けています。
でもそのうち、奴隷も眠くなってマッサージの体勢でこっくりこっくり寝てしまいます。
そして奴隷はそのまま熟睡。
夜中に目をさました御主人様は元気になって、眠っている奴隷を犯し始めるのです。
奴隷の中に出したり、顔に放出して、御主人様は満足そうに眠ります。
奴隷は犯され終わったそのままの姿で、また眠ってしまいます。

寝ている奴隷の顔にお精子を塗りたくって、朝、顔がカピカピになっていたこともありました。
「どうだ、肌がツルツルになっただろ。精子パックだ」
「コラコラ、どこがツルツルですか。顔カピカピになってるでしょうが~(^^)首までべっとり付いてたから私、ヨダレ出しながら寝てたのかと思った。いや~ん恥ずかしい~とか思ってたよ。フフフ」
「ガハハハ。鼻の穴まで塗りたくってやろうかと思っとったが、息できんと思ってやめといたわ」
「もう~お精子で呼吸困難なんてイヤですからね~。うふふ」



オメコを犯されながら起きるのって、すごく気持ちいいんですよ。
喘ぎ声が自然と漏れ、御主人様に犯され感じながら、目を覚ます時のあの気持ちよさ。
「寝ていてもオメコがキュッツキュッツと締まってな。チンポを離さねえんだ。グハハハ」


でもね、一回、寝ている時に、お尻を犯されたの。
あの時はさすがにアナルが裂けそうな痛みで「ギャーッ」って瞬時に目を覚ましました。
最初の挿入時は痛くて痛くて、どうしようもないの。
でもそれがだんだん気持ちよくなってくるんですから不思議ですよね。
その夜はアナルでたっぷり楽しんでいただきました。
アナルがほぐれてからの奴隷は「アヘ~アヒ~イイ~お尻がいいの~」と喘ぎ狂っておりました。


でもねやっぱり、アナルで起こされるより、オメコを犯されて目を覚ますほうが好き♪
だって、気持ちいいんだも~ん。
うふふふ。




2010/09/14 13:11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。