FC2ブログ

毎日シーツがベトベトなの



御主人様は飲みに行きました。
その前日、体調を崩していた御主人様。
奴隷の部屋で少し眠ってもらうことにした。
「毒が溜まったんだな。昨日今日と出してねえからな。ちゃんと毒を出せ」
そういえば昨日してなかったもんね。
体調が悪くなったのは奴隷のせいだと言いながら怒っていた。
「はい。御主人様。たくさん毒を出してくださいね」
そう言って奴隷は寝ている御主人様にご奉仕を始めた。
奴隷は、ジュポジュポ美味しそうにオチンポ様をしゃぶっている。
早く御主人様を治さなきゃ。御主人様の体調管理も奴隷の務めだもんね。
なのに奴隷は発情してしまう。
いつの間にか、お尻をクネクネと振りたて、固くなった乳首を御主人様の太ももにこすり付けている。
....あん....どうしよう....どんどん乳首が立ってきちゃう....あ~ん濡れてきちゃった....。
ご奉仕しながら快感をむさぼろうと夢中で身体をこすりつけてくる奴隷を見て笑った。
髪を引っ張り上げ欲情している奴隷の顔を眺めている。
「乗れ」
奴隷は御主人様の上に跨った。
御主人様が毒を出そうと、奴隷を犯し始める。
なるべく御主人様が体力使わないように奴隷は上に跨りユサユサ腰を振っていた。
「ああ~んあ~ん気持ちいいの~。ああ~」
昨日、たった一日犯されなかっただけなのに身体がものすごく敏感になって感じてしまう。
御主人様に腰を掴まれパンッパンッ!と勢いよく奥まで叩きつける。
「あっひい~いっくう~う~ダメ~ッ!」
アンアン喘いでいる奴隷を押し倒し、御主人様が覆いかぶさる。
脚を開いて、濡れたオメコの中まで広げて見せ、御主人様が入ってくるのを待った。
「ンアアッッツ!!!」 
奥まで突かれると身体の芯から快感が広がっていき、奴隷は狂うほど感じてしまう。
何度も何度もイッテしまうのを自分でも止められないでいた。
「いくぞっ!」 「あっあああ~オメコが感じる~いい~っ!」
そして御主人様は身体に溜まった毒を奴隷の子宮にぶちまけた。

こんなに動いて御主人様、大丈夫なのかな。
余計に疲れたんじゃないかな。
奴隷は御主人様に寄り添い、今更ながら心配していた。 
もっともっと奴隷が上で腰を振って御主人様は寝たまま射精させてあげれれば良かったのに。
いつの間にか押し倒されて気持ちよくて、よがり狂っていました。
御主人様の身体を心配しているのに、犯されてしまうと理性がなくなり、もう考えられない。
ごめんなさい御主人様。
御主人様が欲しくて欲しくて仕方ないんだもの。
そしてそのまま二人で眠りについた。
後で聞いたら、奴隷の方が先にクークー寝てたんだって。
「お前の寝息を聞きながら寝た」って御主人様、言ってた。

11105200031.jpg

朝になるといつもの元気な御主人様に戻っていた。
良かった。毒抜きが効いたのかな。うふっ。
その夜、御主人様は飲みに行きました。
奴隷は部屋でベットシーツや枕カバーにアイロンをかけていました。
毎日お洗濯してアイロンかけるのが日課なの。
いつも一時間くらい時間かかっちゃう。
ぴしっとアイロンかけたシルクのようなスベスベのシーツの上で、裸で寝るのってすごく気持ちいいの。
御主人様に気持ちよく寝て欲しいから。

真っ白なシーツを御主人様にグチャグチャに汚してもらうのが奴隷は嬉しくてたまらない。
メス汁やアナル汁、御主人様のお精子、二人の汗でベトベトに汚れているシーツを見ると、なんて幸せなんだろうっていつも思うの。
毎日、汚される幸せを感じています。

夜10時くらいに御主人様が帰ってきました。
今日は珍しく早いね。 じゃあ二人で軽く飲みなおしましょう。
奴隷は貝の煮付けやトコロテン、おひたしなど簡単なおつまみを小皿に入れてテーブルに並べる
あとはチョコレートとチーズと、さきいか。
御主人様はもうたっぷり飲んできているので甘いカクテル。
奴隷はさっきビールだったから今度は日本酒にしましょ。
ちゃんと冷蔵庫で冷やしてあるの。
乾杯♪
テレビを見ながら二人で飲んでました。
ソファーにもたれて飲んでる御主人様の脚の間に奴隷も、ちょこんと脚を入れて、くっつくようにして飲んでる。
御主人様もグイッと奴隷を引き寄せてくれるので、べったり密着しています。
いつもこんな感じで触れ合いながら毎日を過ごしています。
「ここのところ忙しかったから疲れてるでしょ。マッサージしますね。はい。横になってください」
御主人様が疲れたらマッサージします。
お口でオチンポ様をマッサージし、両手は脚をモミモミしてるといつも御主人様は寝てしまいます。
少しでも疲れがとれたらいいな。
奴隷はずっとお口と両手で御主人様をもみほぐしていました。
少し眠り、目が覚めた御主人様がずっとマッサージしている奴隷の髪をワシワシ撫でて「よしよしイイ奴隷だ」と誉めてくれました。
そしてまたそのまま犯されました。
奴隷はオメコからお精子が垂れてこないようにしながら御主人様に腕枕され眠りにつきました。
夜中、オメコからお精子が垂れててお股とシーツをまたベトベトに汚してしまいました。
今日もシーツの洗濯しなきゃ。
うふふ。幸せ。
汚される快感。 大~好き♪

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2009/05/28 22:45 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

今年の水着、買いました♪

a05230014.jpg
05230008.jpg

今年の水着、買いました♪
去年は白のビキニ。
今年は黒のビキニに決めました。
「御主人様~。コレとコレ、どっちがいいですか~?」
二つの水着を交互に身体に当てて、御主人様に聞きます。
....あれ?御主人様、逃げようとしてる....なんで?
奴隷は水着を御主人様によく見えるように近づいていく。
「アホ。恥ずかしいだろ」
嬉しそうな顔で水着をチラチラかざしている奴隷に言った。
....いいもん、いいもん。どっちが好みかなって聞こうとしただけなのに.....
ご年配の淑女が多い売り場で、目立っていたのかもしれない。
奴隷はちょっと拗ねた顔で鏡を見てた。
....どっちがいいかな。う~ん、どうしようかな....
さっき逃げた御主人様がやってきてコソッと奴隷に言う。
「こっちの方がいい。俺は清楚が好きだ」  黒のビキニを指差した。
「はい♪こっちにします」
こうして今年の水着は黒のビキニに決まりました。

05230011.jpg

今年も一緒に海に行きます。
去年もボディボードで浮かびながら海の中で交わりあってました。
楽しかったな。
夏の旅行計画もバッチリです。
すごく楽しみです。

この水着姿はまだ御主人様に見せていません。
どうかな。似合ってるかな。
強引に脱がされて犯されるの待ってます。
うふふ。

b05230015.jpg


2009/05/24 20:42 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

『奴隷の家』 作ります! 

05020022.jpg

『奴隷の住み家』
一生、御主人様と過ごせる空間。
私には、もったいないのではないかとずっとずっと思っていた。
御主人様がその機会を与えてくれた。

嬉しいのに........私は泣いてしまう。
嬉しいのに........私はためらう。
そのためには捨てなければならないものがある。
それを捨てきれない葛藤に苦しむ。
「決めたか?」
そう言われる度に心が締め付けられるようにズキズキ痛みだす。
核心に触れられると、心が痛くて痛くて、いつも泣いてしまう。
「やめるか?」
そう問われた時、私は答えた。
「ううん。分かってるの。どんなに考えても答えはいつも同じなの。御主人様と一緒にいたい。私の気持ちはもう決まっています。....なのに心が苦しくなってしまうの....」
「お前は俺の事だけ考えてればいいんだ」
迷い悩む奴隷をグイッと引き寄せ、断言する。
「はい....御主人様」


奴隷の住み家。
御主人様は奴隷が安心して一生暮らしていける住み家を作ろうとしている。
これからの二人が楽しく生きていくための家。
そして、もし御主人様がいなくなってしまったとしても奴隷がちゃんと暮らしていける住み家を作ろうとしている。
私達は夫婦ではありません。
それでも、こんなに大事に考えてくれる御主人様。
奴隷を一生飼うための住み家。
前からそんな話はしていてくれたのですが、奴隷はその気持ちだけで充分だったんです。
そんなものなど無くとも、こんなに幸せなんですから。
「御主人様の側にいれるだけでもう充分幸せですから。もう何もいらないんです」
それでも御主人様はいつも奴隷の未来を考えてくれる。

05020009.jpg

今、奴隷はマンションで飼われています。
充分すぎるほど幸せに暮らしています。
最上階なので普通に生活しているならば音は聞こえない。
奴隷の発するケモノのような叫び声は普通じゃないから困ってしまう。
それでも周りに気を使っているつもりなんです。
声をガマンしようと抑える。
どんなにガマンしても犯され調教されると絶叫に近い声がでてしまう。
夜でも昼でも、御主人様に犯されているので周りにまた迷惑をかけてしまったと、申し訳ない気持ちになってしまう。
奴隷部屋以外にもホテルにもよく行くが、犯されている時、無意識に大声を出さないように口を押さえてしまうクセがついてしまった。
ホテルで犯されている時、自分のそんなクセに気付き、少し悲しくなった事がある。

もっと、奴隷がイキ狂い、変態をさらけ出せるように。
もっと大きな調教道具も置きたいと御主人様が望む。
御主人様が快適に楽しめるような空間。


「お前の好きなように設計してみろ」 御主人様が言う。
「はい」
奴隷は今、設計しております。
設計と言っても、部屋の間取りやお風呂やリビングなどの配置を考えているだけなのですが。
すごく悩んでしまいます。
どんな風にすれば御主人様が快適に過ごせるかなというのを常に思って設計しています。
「お前の親が泊まりにきてもいい部屋も作れ」
「俺以外には変態の顔を見せたらイカンからな。他の部屋は見られてもいいようにしろ」
「はりつけ台や三角木馬も置きてえな。拘束椅子もいいな」
と色んな要望が出てきます。


一緒に色んな場所を見に行き、御主人様と決めた場所。
一緒にショールームにも行きました。
何度も何度も設計を書き直し、御主人様に見せます。
御主人様がアドバイスしてくれて、また新しい設計を書き直します。
時間をかけてもっともっと考えたいと思います。
私にとって大事なのは御主人様が快適に過ごせる空間。
それが第一なんです。

二人の未来が、また一歩前に歩き出しました。
ありがとうございます御主人様。
奴隷は本当に幸せです。




2009/05/16 20:58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

全裸奴隷の毎日と未来への願い

b05070001.jpg

クルマの中の奴隷。
高速のパーキングでドアを開けられ、全裸の奴隷は恥ずかしくて身体を丸めて隠れてしまう。
顔を見られないようにしているのでお尻やオメコは丸見えになっています。
「そろそろ、ションベンしてえだろ。ほら、しろ」
嫌がる奴隷の髪を引っ張り上げ、無理矢理、外に押し出します。
「ほれ、早よせんと皆に見られるぞ。フハハハ」
全裸の奴隷は焦ります。
出さなければ絶対許してもらえません。
出るまでずっとこのままでしょう。
何とかオシッコを出そうと奴隷は必死でした。
全裸でずっといたせいか自然と尿意をもよおしてきます。
「あ....出そう...出ます....出ます....ああ....出ちゃうぅぅ....」
チロチロ最初は出ていたオシッコが限界を迎え、シャーッと勢いよく放たれました。
最後まで出し終えると、放心状態の奴隷の後ろにしゃがみこみ、御主人様が笑います。
「おうおう、こんなに出しおって。グハハハ。よしよし、褒美をやろう」
そう言いながら、しゃがんでいる奴隷のオメコを指でグチャグチャかき回し、奴隷をイカせます。
「ああっつ!御主人様~オシッコ出たの。ああ~嬉しい」
オシッコまみれのオメコをメチャクチャにかき回され奴隷は歓喜の声を上げながら喜んでいました。
高速のパーキング。
それも道路側の車が往来するところで奴隷は全裸で気持ちよがって声を上げていたのです。

05070002.jpg

オシッコを終えると、奴隷はクルマの中に押し込まれました。
奴隷は後部座席でまたオナニーするよう命令されます。
大股開きでクリトリスをこする奴隷の姿を見て、御主人様は満足げに笑いながらクルマを走らせました。
いったい何回オナニーでイッタでしょうか。
奴隷のオメコはもう熱を帯びてトロトロになっています。
どんなに感じても濡れて欲しがっても、奴隷はオメコを触ることはできません。
クリトリスだけのオナニーしか許されていないからです。
触っていないはずのオメコがヒクヒクうごめきヌルヌルしたメス汁が溢れてきます。
早く入れて欲しくて堪りませんでした。
クリトリスで何度も何度もイキました。
それでも奴隷の身体は満足できずに御主人様を欲しがり、イケばイクほど犯してほしくて狂いそうになっていました。


途中、ホテルがあると御主人様はハンドルを切り、奴隷をホテルに連れていきます。
ベットで御主人様の全身をしゃぶっている奴隷は何とも言えぬ恍惚の表情を浮かべ幸せを感じていました。
ご奉仕している時の奴隷の顔は本当に幸せそうで嬉しくて嬉しくてたまらないといった顔でした。
本当に幸せだった。
こうしている時が私の幸せなんだと改めて思いました。

性処理奴隷として側に置いてもらっている奴隷。
もし、御主人様がヨボヨボのおじいちゃんになってオチンポが使えなくなったら....。
私はずっと御主人様の世話をしているだろう。
汚物をキレイに舐めて汚れを取り、全身を舌で舐め上げる。
幸せそうな顔でそれをしている事でしょう。
だって、今もそうしているのだもの。
自ら舌を伸ばしてアナルの汚れを舐め取り、どんなに汚れていても全身舐め取っていく。
御主人様の皮膚が荒れてブツブツになったことろも全部奴隷の舌で舐めて消毒していく。
「お前に舐めてもらうと治るんだ。不思議だな」
よくそう言って誉めてくれる。

a05070003.jpg

私は御主人様を好きです。
心から好きだと言える。
なぜ、この人だけそうなのか私にも分からない。
それでも、ここが私の場所なんだという事が分かる。
顔? いや、イイ男だけどそんな事ではないな。
支配力? それもあるのだろう。
それも重要だけど一番ではないような気がする。
一体なんなんだろう。
感覚。空間。思考。性癖。
不思議と同じものを感じる。
同じ領域というのだろうか。
こうしているのが自然なのだ。
御主人様に仕えている時が一番自然で幸せだと感じる。
御主人様がいなければ私は私でなくなる。
この人の側でしか私は生きられないのだ。


この人を愛してるんだと自分でも感じる。
御主人様を愛してる私がいるのを感じる。


何もなくてもいい。
こうして、ここにいれるだけいい。
これ以上欲しいものなど、無い。
私は十分、幸せです。
もし....。
もし....たった一つの願いが叶うのならば....。

どうかずっとずっと、お側にいさせて下さい。
それだけでいいのです。
もう欲しいものなど何も無いのです。



2009/05/10 22:13 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

暗闇で飼われています。


a05070019.jpg
05070016.jpg

暗闇。
奴隷は今、ここで飼われています。
パソコンを見る時間はありません。
ブログももちろん見れません。
いつも全裸でオナニーしているよう言われています。
出かける時も車のトランクに全裸で入れられ、着くまでオナニーの回数を数えさせられています。
トランクには車内が見える小さなドアがあって、後部座席の肘掛が開くので運転席にいる御主人様が見えます。
時々、御主人様は路肩に車を停め、トランクを開けて、全裸でオナニーしている奴隷を眺めて、ガブリッと噛み付き、高笑いをしています。

今、私はとても幸せです。
こうして生きれて、本当に幸せ。
ずっとこうして御主人様のためだけに生きていけるなんて。
幸せ。
幸せ。
御主人様、奴隷は幸せです。
2009/05/09 20:37 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム |